2019-10-24(Thu)

2019年、令和元年の日本一も福岡ソフトバンク・ホークスが栄冠🌟 日本シリーズ総括!!

ラグビーのワールドカップで日本代表ブレイブ・ブロッサムズ(勇敢な桜の戦士たち)がベスト8に進出し世間が盛り上がるなか、並行して行われていた今年の日本シリーズですが、ホークスと巨人の対戦は4連勝という結果でホークスが日本一に輝きました!

巨人はシーズン後半から懸念されていたエース菅野をはじめとする投手陣が崩れ、頼みの打線も坂本と丸がインコース攻めに合って完全に沈黙。
守備の乱れや暴走もあって最後まで流れを引き寄せることが出来ませんでした。

かつてヤクルトの古田捕手が日本シリーズの初戦でイチローを徹底的にインコース攻めして調子を狂わせたという逸話がありますが、やはり短期決戦でこの戦術は効果覿面でした!

今回の日本シリーズも一戦目でホークスの千賀が威力のある真っすぐをインコースにどんどん投げ込んでいきました。
外のコースの出し入れで無難にかわそうとするセ・リーグの野球とは一線を画す投球内容に巨人打線が面食らってしまい、最後まで尾を引いてしまった感じですね。Σ( ゚Д゚)

in3
※初戦のインコース攻めが最後まで効いたソフトバンクの巨人打線攻略と、それを指示した名将・工藤監督の胴上げシーン。


それにしても、特筆するべきは、やはりホークスの短期決戦の強さです。
主力野手の高齢化や、守護神のサファテやエース格の東浜など相次ぐ故障者もあって、年々戦力は落ちてきている印象があり、実際にペナントレースは2年連続で2位という結果に甘んじたホークスですが、ことクライマックスシリーズ~日本シリーズでの短期決戦では無類の集中力と勝負強さを発揮。

今期の二本柱だった千賀と高橋礼が実力通りの投球を披露し、ベテランのバンデンハークと和田も好投。
ゴールデングラブの今宮や松田、甲斐を中心とした鉄壁の守備陣に、侍JAPANにもサプライズ選出された足のスペシャリスト周東の躍動もあり、甲斐野とモイネロの中継ぎ陣がピシャと後続を抑えて巨人に反撃の糸口を与えませんでした。
そして、4試合で3本塁打を放ちシリーズMVPに輝いたグラシアルの活躍で、見事に日本シリーズ三連覇の偉業を成し遂げました。

これは子供の時に見ていた西武ライオンズの黄金期依頼、27年ぶりとのことです。
あの時の西武は渡辺久、工藤、郭泰源、潮崎という先発投手陣を名捕手の伊東が束ね、秋山・清原・デストラーデという大砲を揃えた最強チームでした✨
その時エース左腕だった工藤投手が監督となってホークスを三連覇に導くというのも、なにか感慨深いものがありますね…。

なお、ホークス三連覇の成績は以下のとおりです。
2017年は横浜相手に4勝2敗
2018年は広島相手に4勝1敗
2019年は巨人相手に4勝0敗

更に付け加えると、これでホークスは過去10年間で6度目の日本一
まさに球団としての黄金期と言えるでしょう。
今のソフトバンクにシリーズで勝つには、かつての日ハムのダルビッシュや楽天の田中将のように、確実に二つは白星が計算できる絶対的なエースを抱えるチームがいなければ、なかなか難しいのかもしれません。💦

sh.jpg
※日本シリーズ過去10年の結果と成績。


これで今年のプロ野球は終了。来期に向けてストーブリーグ(注:移籍交渉や補強合戦のこと)が始まります。
どこのチームが効果的な補強を行い、来期はどんなドラマがあるのか楽しみですね!

ベイスターズも悲願のリーグ優勝、そして日本一目指して頑張ってもらいたいものです🌟


VIVA!横浜DeNAベイスターズ🌟


☟スポーツ、映画、アニメ、ドラマ、音楽を楽しむなら、断然お得なスカパーがおすすめ☆


☟こちらもクリックして応援してもらえると嬉しいです☆

横浜DeNAベイスターズランキング

2019-10-01(Tue)

2019プロ野球のリーグ戦が終了。 優勝は巨人と西武!ペナントレース総括。

今年もプロ野球のペナントレースが終了しました!
優勝はセ・リーグが読売ジャイアンツパ・リーグは西武ライオンズでした~

両チームのファンの皆さん、おめでとうございます。

原&辻
※引退表明した阿部選手と喜びを分かち合う原監督。/体がひっくり返るほど手洗い胴上げを受ける辻監督。笑


セ・リーグは巨人が前半戦で2位に9.5ゲーム差をつけ独走しており、そのまま楽勝かと思われましたが、エース菅野の度重なる離脱や中継ぎ陣の不調などもあり、終盤にきてDeNAに0.5差まで詰め寄られるという思わぬ苦戦を強いられました。💦
…が、そのDeNAとの天王山でしっかり勝ち越すなど、坂本や丸や岡本といった主軸が要所で勝負強さを発揮し、最終的には5.5差を付けて5年振りの優勝となりました。

今期は球団のレジェンドである原辰徳を指揮官として招聘し、50億円を費やして昨年のMVPプレイヤーである広島の丸や西武の炭谷、元メジャーの岩隈や中島を獲得するなど、えげつないほどの補強を敢行しました。
昨年度に中日の本塁打王ゲレーロらを30億円で獲得したことも合わせると、2年間でじつに80億円もの大金を注ぎ込んで優勝を勝ち取ったことになります。 いや~あらためて書いてみると凄い金額ですよね…。

もちろん お金の面だけではなく、野手では大城や重信や若林、投手では桜井に中川や戸根といった若手をしっかり出場させ、大事な試合の局面では坂本や岡本、ゲレーロにまで躊躇なく送りバントを命じるという厳しさを見せるなど、敵将ながらさすがと唸らせる采配も随所に見受けられました。

一方、我らがDeNAベイスターズは、エース格の濱口と東や主軸の宮崎に伊藤光など故障者が続出するなか、筒香を2番サードに据えるといったラミレス流の奇策を繰り出し健闘しましたが、惜しくも優勝を逃す結果となりました。( ;∀;)
しかしながらラミレス体制では初の2位!残り5試合の時点まで逆転優勝のチャンスを残していたというところまで持ってきた事実は、来年故障者が復帰すれば…という手応えも感じさせました。(故障者が多いので先発投手の補強は必須ですが💦)

王者・広島は交流戦前までは4ゲーム差で首位に立っていたものの、三連覇を支えてきた田中広輔や中崎らの不調と一岡の離脱が最後まで尾を引き、交流戦でまさかの最下位となり、最終的に4位に終わりました。
丸を巨人に引き抜かれた穴は確かに大きかったとは思いますが、西川が切り込み隊長として機能し、4番の鈴木もタイトルを二つ(首位打者と最高出塁)取る活躍で序盤戦は首位だったことを考えれば、むしろ投手陣全体の不調と終盤バティスタがドーピング違反で離脱したことが失速の要因だったと言えるでしょう。
今オフは正捕手の會澤やゴールデングラブの菊池らがFAとなるため、彼らの流出を止めることが出来るか否かが巻き返しのカギとなりますね。

終盤までBクラスに沈んでいた3チームですが、阪神の近本(長嶋茂雄の新人最多安打153を更新して盗塁王も獲得)ヤクルトの村上(清原和博の高卒新人本塁打記録31本を更新)が非常にハイレベルな内容で新人王を争い、中日も終盤に巨人とDeNA相手に6連勝するなど存在感を見せました。
そして、球団のレジェンド鳥谷が退団、メッセンジャーが引退との報道がなされた阪神がチーム一丸となって息を吹き返し、最後に怒涛の6連勝を決め、広島を抜いて3位に浮上!逆転でのCS出場を果たしました。

セ・リーグは2位以下は僅差であるため、来季もしっかり若手が成長して補強が当たれば、Aクラス入りに関しては混戦となるでしょう。今オフの補強に注目です!
(阪神の矢野監督と中日の与田監督は続投。ヤクルトの小川監督は宮本ヘッドとともに辞任し、高津新監督となります。)


          hmrei2.jpg


そしてパ・リーグは首位を7ゲーム差で快走していたソフトバンクを破って西武が逆転優勝!!
エースの菊池と主軸の浅村を移籍で欠き、今年は劣勢との見方が強かったライオンズでしたが、金子の41盗塁、源田の30盗塁&25犠打、捕手でありながら首位打者を獲得した森、秋山や外崎の打撃センスに山川や中村剛のパワーが見事に絡み合う超強力打線で怒涛の追い込みをみせ、2年連続で防御率ワーストチームが優勝するという史上初の快挙(?)を成し遂げました!
(ベイスターズも強力打線だとは思いますがソロホームランでしか点が取れない打線と揶揄されているので、やはりライオンズのように走塁や犠打も絡めて得点力の高い打線というのは羨ましいなぁ…とあらためて感じた次第です。)

一方、ソフトバンクはこれまでチームを支えてきた内川や故障明けの柳田が本調子には程遠く、投手陣もエースの千賀と高橋以外の先発陣がそろわず、2年連続の2位という結果に終わりました。
長年レギュラー陣が固定されており、若手の野手が伸びていないことも気掛かりな点です。

楽天とロッテの熾烈な3位争いは楽天に軍配!石井GMの補強が的中し、平石監督のもとチームがまとまって2年ぶりのCS進出を果たしました。抑えの松井裕樹が最多セーブのタイトルを獲得しましたね。 
ちなみに楽天は最終戦で元ヤクルトの由規が復帰して150km/hの速球を記録!CSでの秘密兵器になるか注目です。

ロッテはソフトバンクに17勝8敗と大きく勝ち越すなど健闘を見せたものの、逆に西武とオリックスに大きく負け越し、トータルであと一歩Aクラスに及びませんでした。
ここらへんは対戦チームとの相性も有るのでしょうか?(ベイスターズも上位とは互角ですが阪神になぜか滅法弱いです…)
ロッテもチームリーダーの鈴木大地のほか、俊足巧打の荻野や抑えの益田がFA権を取得しているため、彼らの流出を防げるかがカギになります。チームの雰囲気は良いだけに、来年こそは契約最終年の井口監督とともに結果を出したいところです!

5位の日ハムは長期政権を担ってきた栗山監督が退任の意向とのこと。
ダルビッシュや中田将や大谷翔平らを育て、大田を覚醒させ、今年は怪我人が多く補強も失敗に終わり下位に沈んだものの、有原(最多勝15)と宮西(最優秀H44)と近藤(最高出塁率)の三人がタイトルを獲得しました。
毎年主力が引き抜かれてもチームを整備して上位争いを繰り広げてきた名将です。8年という長い期間の指揮を終え、球団としてもそろそろ心機一転という感じなのかもしれませんが…どうなるか注目です。

バファローズポンタが話題のオリックスは、若き投手陣から二人がタイトル(最優秀防御率1.95の山本と最優秀勝率の山岡)を取ましたが、野手は吉田正尚ひとりが気を吐いている状況。チームが若返りの最中なので もう少し時間が掛かりそうですね。💦


2019SP順位
<ペナント最終順位表(yahoo Sports naviより)>


さぁ、10月5日からは日本シリーズ出場を賭けたCS(クライマックスシリーズ)が始まります!
短期決戦の強みを活かして勝ち進むのはどのチームか?熱戦を期待しましょう!!

VIVA!横浜DeNAベイスターズ🌟


☟スポーツ、映画、アニメ、ドラマ、音楽を楽しむなら、断然お得なスカパーがおすすめ☆


☟こちらもクリックして応援してもらえると嬉しいです☆

横浜DeNAベイスターズランキング

2019-07-17(Wed)

【2019年 上半期スポーツニュースまとめ ① 】 プロ野球前半戦の総括。大谷翔平の成績、復活の石川遼、キングカメハメハが種牡馬引退 etc.

今年も7月に突入し、はや半年が過ぎました。

プロ野球は交流戦後の日程を消化してオールスター休みに入り、リーグ戦は中断。
そのオールスターでは、大腸癌から復帰した原口選手が見事にホームランを打ったり、ルーキーの近本選手がサイクル安打を達成するなど、地元開催である阪神勢の活躍が光ってセ・リーグが3年振りに勝利というニュースも有り、盛り上がりました。

さて、前半戦を振り返ってみたいと思いますが、交流戦前までは頭ひとつ抜け出していた広島と楽天が失速し、巨人とソフトバンクにそれぞれ首位の座を明け渡してしまいました。
広島の不調は特に重症で、交流戦をまさかの最下位で終え、そのまま20年振りの11連敗を喫して前半戦を終了。
巨人は交流戦明けも好調を維持し、そのまま2位以下に9.5ゲームの大差を付けて独走態勢。ソフトバンクも7ゲーム差を付けています。 (※オールスター前時点)
このままではセ・パ両リーグともペナントレースの火が早くも消えてしまいそうな状況であるため、他の10球団は後半戦に意地を見せて首位叩きをしてほしいところです。

それにしても今年のプロ野球は大型連敗が多いシーズンという印象があります。
4月のDeNAの10連敗をはじめ、ヤクルトの16連敗、楽天の10連敗、そして広島の11連敗と、一度負けだすと止まらないケースが多々見受けられます。 これは昨今、各チームに絶対的なエースが少なくなってきたことが要因のひとつだとは思いますが、その分 リリーフ陣を整備して粘り強く、ひとつでも多くの勝ちを拾っていけるチームが上位に残りそうです。

広島は丸が抜けた影響が大きいと言われていますが、開幕直後にもたつきながら、5月には月間20勝して交流戦前に4ゲーム差を付けて首位に立っていたわけですから、丸一人いる・いないで浮き沈みをしているわけではないと思います。
未だ打率1割台と極度の不振を抜け出せないトップバッター田中広輔の不調と、中崎や一岡をはじめとする中継ぎ・抑えの離脱でチーム状態が崩れてしまった感がありますが、彼らが復調すれば地力はあるため、後半戦に巻き返せるか注目ですね。
楽天の則本や中日の松坂の復帰、DeNAの4番筒香の2番起用など、後半戦も話題の多いプロ野球に注目です!


一方、メジャーリーグで活躍中の大谷翔平は打率.303、14本塁打、38打点で前半戦を終了
肘の治療により一か月遅れで開幕したことを考えれば、十分な内容だったと言えるでしょう。
オールスター出場も期待されましたが、DH部門で選出された選手が大谷以上の成績を収めているため致し方ないところです。
打率と本塁打数は遜色ないのですが、やはり出場数が少ないことで打点の数に差があるのがマイナスだったと思われます。
オールスターではヤンキースの田中将が出場して1イニングを無失点に抑え、勝ち投手になるというニュースも有りました。
二人の後半戦の活躍、そして来年以降のオールスター出場にも期待したいですね!

丸ポーズ


また、ゴルフでは7/11の日本プロゴルフ選手権で、石川遼が実におよそ3年ぶりという復活の優勝を飾りました! (遼くんも、もう27歳なんですね~)
世界のゴルフシーンでは4/14に42歳のタイガー・ウッズが14年ぶりにマスターズで奇跡的な復活勝利を遂げましたが、どのスポーツでも怪我をするとそこを庇ったり、加齢によって思いどおりの動作が出来なくなったりして、スランプになるケースは良くあることですよね。💦
ゴルフは特にショットの際に精密機械のような動きが要求されるスポーツなので、故障でそういうスイングが出来なくなるというのがスランプが長引く理由ではないかと思います。
特にタイガー・ウッズや石川遼のようにドライバーショットを豪快に振っていくタイプの選手はフルモデルチェンジのようにフォームを一から作り直す作業をしないといけないわけで、相応の時間を要するのではないでしょうか?
何年掛かっても諦めずに練習を重ねて復活を遂げた彼らに対して尊敬の念に堪えません。
ウイニングパットを決めた時の勝利のガッツポーズは感動的でしたね、おめでとうございます。


競馬界では上半期のラストを締めくくるG1の宝塚記念が行われ、ダミアン・レーン騎乗の紅一点リスグラシューが好スタートから2番手でレースを進め、キセキ以下11頭の男馬を蹴散らして優勝するという衝撃のレース内容で幕を閉じました。
パワーのいる馬場と言われる阪神コースでこの強さ。この馬も凱旋門賞に挑んでもらいたい一頭です。

また、同時にキングカメハメハが体調不良により種牡馬を引退するとの残念なニュースも入ってきました。
現役時代の2004年にNHKマイルと日本ダービーの変則2冠を史上初めて達成したキンカメですが、種牡馬となってからも父がミスプロ系のキングマンボで母がノーザンダンサー系の血統であるため、サンデーサイレンス系が繁栄している日本の交配事情において群を抜いた存在価値を示しており、まさに馬産地も含めた日本競馬界全体の功労馬といえる存在でした。
既に息子のロードカナロアやルーラーシップという優秀な後継種牡馬がおり、ドゥラメンテや現役のレイデオロも控えているので、キンカメ系のサイアーラインはしっかりと日本で繁栄していくことでしょう。
現役引退後は毎年200頭を超える種付けをこなして来たわけで、今後はゆっくり余生を過ごしてもらいたいですよね。

【2019年 上半期スポーツニュースまとめ ② 】 サッカー編はこちら


VIVA!横浜DeNAベイスターズ🌟


☟スポーツ、映画、アニメ、ドラマ、音楽を楽しむなら、断然お得なスカパーがおすすめ☆


☟こちらもクリックして応援してもらえると嬉しいです☆

横浜DeNAベイスターズランキング


2019-06-25(Tue)

2019 セ・パ交流戦を振り返る! DeNAベイスターズは4位と健闘するも、優勝はソフトバンク・ホークス👑

2019年、令和元年のセ・パ交流戦の順位が確定しました。
今年も各地の球場で交流戦の始球式やイベントが行われて大盛り上がりましたね!🌟

牧野真莉愛のまりパカ
<モーニング娘。の牧野真莉愛さん扮する「まりパカ」によるコミカルでダイナミックな投球にどよめく横浜スタジアム!笑>

優勝はソフトバンク! 
故障者続出でリーグ戦は3位と不本意な順位に沈んでいたホークスですが、これでリーグ戦の順位も首位に上がりましたね。
打線の核である柳田を故障で欠きながらの優勝であり、改めて短期決戦に強く層の厚いチームであるという印象を持ちました。
最終戦での和田投手の復活も先発陣の枚数を考えると大きいですよね。
和田は昨年のキャンプで肩痛を発症し、丸一年以上もリハビリに費やしましたが、メジャーの田中将投手と同じPRP(高濃度血小板注射)療法で良化しての復活とのことで、今後はこの治療法が日本でも一般的になるかもしれません。
残り少なくなった松坂世代を代表する投手なので、”ゴルフ事件”を猛省して二軍で必死に調整中の松坂本人も合わせて後半戦の活躍に期待したいところです!

2位はパ・リーグで最下位を独走していたオリックス。オリックスの試合は見ていないので詳細は分からないのですが、交流戦の成績を見てみると打率・防御率ともに12球団中4位ということで、交流戦首位打者の中川など若い選手が台頭し、投打の噛み合った試合運びが出来ていたものと思われます。

3位の巨人はエース菅野と坂本が本調子でない中で順位を上げており、総合的なチーム力は上がっていると見るべきでしょう。

4位は我らがベイスターズ。例年と同じく今年もセ・リーグ各球団が下位にひしめく状況にあって、惜しい取りこぼしも何試合かあった中、10勝7敗と5年ぶりに貯金で終われたことは大きな収穫だと思います。

セ・リーグ首位を快走していた広島は交流戦まさかの最下位。パ・リーグで2位に付けていた日ハムもローテの中心だった上沢投手がピッチャーライナーを膝に受けて骨折し、4位まで後退となりました。あとはそれほど大きな順位の変動はありません。


se.jpg
<交流戦後の順位表(yahoo Sports naviより)>


今日で交流戦も終わり、これからオールスターまであと2週間…なんとしても借金を完済して後半戦に臨みたいところです。

VIVA!横浜DeNAベイスターズ🌟


☟スポーツ、映画、アニメ、ドラマ、音楽を楽しむなら、断然お得なスカパーがおすすめ☆


☟こちらもクリックして応援してもらえると嬉しいです☆

横浜DeNAベイスターズランキング


2019-06-04(Tue)

2019年、序盤を振り返る!! 広島と楽天が首位、大谷3号ホームラン、サートゥルナーリアとアーモンドアイが敗れる大波乱!!

2019年も早6月、折り返しの月に突入しました。

東池袋自動車暴走死傷事故川崎殺傷事件金沢シーサイドライン逆走事故など、令和元年を迎えても残念ながら凄惨な事件・事故が続発しているため、とにかく月日が経つのが早く感じます、、犠牲に会われた方には心よりご冥福をお祈りいたします。

6月時点でのスポーツ界を中心に振り返ってみますが、まず中央競馬では先日行われた日本ダービーと翌週の安田記念で、ともに大本命であったサートゥルナーリアとアーモンドアイが敗れるという波乱が起きました。
サートゥルナーリアは無敗で皐月賞を制し、世代の頂点を目指してダービーに挑みましたが、出遅れが響いて4着。
一方、現役最強馬のアーモンドアイはスタートで他馬に妨害されるアクシデントが有り、よく追い上げましたが3着まで。
まるで混乱の時勢を象徴するかのような大荒れの結果となりましたが、サートゥルもアーモンドも最後はメンバー中最速ラップで追い上げており悲観する内容ではないと思いますので、両馬とも今後の復権に期待したいところです。

ロジャーバローズ2
<ダービーはロジャーバローズが番手から逃げ切り!安田記念はアーモンドアイが大きな不利を受けインディチャンプが優勝>

一方、プロ野球も序盤戦が終了し、6月4日からはセ・パ交流戦が開始されます。
セ・リーグのここまでの成績は、開幕直後にもたついた広島が復調し、4連覇に向けて既に独走モードに入りつつあります。
矢野新監督の阪神、復帰した原監督の巨人までが貯金生活。以下、DeNA、中日、ヤクルトが借金生活と、現在のところは三強三弱に分かれている状況です。
我がベイスターズも先発の駒が揃って打線も復調してきたので、交流戦終了までに5割復帰を目指してほしいところです。

パ・リーグでは菊池と浅村という投打の主軸が抜けた王者西武と、相変わらず怪我人が続出しているソフトバンクが苦戦。
楽天と日ハムが首位争いという予想外の展開となっています。
特に楽天は、則本と岸のWエースが揃って故障という危機的状況の中で首位に立っており、特筆に値すると思います。
昨年の途中から指揮を執る38歳の平石洋介監督のもと、補強した浅村と助っ人外国人で中軸が安定し、ベテランと若手が噛み合ってチームのムードが良さそうなのが伝わってきますね。
(ピンポイントの補強と青年監督の続投を主導した石井GMは、もしかして天才なのかも!?)
とはいえ、最下位のオリックスを除いては5位のロッテまで3.5ゲーム差の大混戦。パ・リーグは最後までもつれそうですね。

2019前半
<YAHOO Sports Naviより抜粋>


メジャーリーグでは大谷選手が久々の3号ホームラン!
このところ若干調子が落ちかけて打率が2割3分台にまで落ち込んでいた大谷ですが、3号ホームランを逆方向にライナーで突き刺し、次打席も左腕からレフト前へのタイムリーということで、逆らわずに打ち返す打法が戻ってきました。
この調子で上昇ムードに乗ってもらいたいところです。

大谷

2019年、後半戦。やっぱり日本を元気づけるのはスポーツのチカラです。
各スポーツとも、好勝負で盛り上げてほしいですね!


☟スポーツ、映画、アニメ、ドラマ、音楽を楽しむなら、断然お得なスカパーがおすすめ☆


☟こちらもクリックして応援してもらえると嬉しいです☆

横浜DeNAベイスターズランキング





☆ ブログランキング参加中 ☆
皆さんの応援クリックが記事を更新するモチベーションです☆    (クリックは一日一回、可能です)
プロフィール

アキレスケンさん

Author:アキレスケンさん
好きな野球チーム:大洋ホエールズ(現・DeNAベイスターズ)♪
好きなサッカーチーム:ACミラン(選手はロナウジーニョ)♪
好きなお馬:トウカイテイオー♪
好きな自動車:JEEP♪
好きな食べ物:御寿司、納豆♪
好きな歌手:和楽器バンド♪
趣味:フットサル、サイクリング、ドライブ、映画鑑賞、作家活動。

このたび一念発起して絵本を出しました。「星のゆうびんやさん ハイタツマン」平和のヒーロー、ハイタツマンがいろんな願いを届けます。
応援よろしくお願いします☆

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ