2018-06-29(Fri)

黄金ルーキー神里が同点3ラン、期待の大砲・佐野がサヨナラツーベース!!

怪我人続出で波に乗れずセ・パ交流戦も7勝9敗と負け越し、ワールドカップ開幕の陰で地味にリーグ戦が再開された後も1勝5敗と散々だったDeNAベイスターズ。
サッカー日本代表が決勝トーナメント進出を決め、全てのグループリーグが終わった翌日の29日に、ようやく勢いに乗っていけそうなサヨナラ勝ちを収めましたっ☆
今年も首位を独走する広島相手にゴルデンルーキー神里が同点スリーラン!そして9回には期待の2年目大砲・佐野がサヨナラツーベースで快勝!!
怪我から復帰したロペスも即結果を出しましたし、ワールドカップ日本代表に負けないよう、この勢いで勝ち進んでほしいところです。


サッカー&野球のファンの人たちは両方見ないといけないので、体調がボロボロの人が多そうですね(笑)。
ワールドカップは決勝トーナメントに突入すると、日程的に毎日観戦することは無くなり、多少は楽になると思います。頑張って7月中旬まで乗り切りましょう!
VIVA! BAYSTARS☆




2018-06-29(Fri)

ドイツのグループリーグ敗退と、日本の決勝トーナメント進出☆

やりました~グループリーグ最終戦、日本はポーランドに敗れましたが、他会場でのセネガルVSコロンビアの結果により、勝ち点・得失点ともセネガルと並び、わずかイエローカード2枚差という形で決勝トーナメントへの2位通過が決まりました。
残り10分を切ってからはベンチが他会場の情報を得ながら戦略的時間稼ぎを指示。会場から大ブーイングを受ける中、後方で落ち着いたボール回しに徹し、(結果的にですが)この判断は「吉」と出ました。



今大会はロスタイム付近での一発が目立っており、万が一セネガルが終盤に1点取って引き分けた時点で日本の敗退が決まってしまっていたわけで、もしそういう結果になったときに時間稼ぎのまま終戦した日本の選手(と国民の皆さん)は後悔しないのか?という部分で疑問符は付きます。賛否両論吹き荒れそうですね・・・。
また、そもそもこの試合も課題と言われてきたセットプレーで、マーカーの人数が余っているにも関わらず相手選手をフリーにして失点してしまい、こういったゲームプランを強いられてしまったわけで、そこは決勝トーナメントに向けて本当に必要な修正点かと思います。
なんとなくゾーンを敷いてボールウォッチャーになって失点を繰り返すくらいなら、いっそマンツーマンにして自分が担当する相手にしっかりと体をぶつけて体勢を崩すことを徹底した方が良いような気がしますが・・・。

        ※なぜセットプレーの際に、相手選手が3人ともフリーになってしまっているのか??

いずれにせよ、大会は結果が全て。初戦のコロンビア戦から最終戦の賭けにまで勝った日本に追い風が吹いていることは間違いないでしょう。決勝トーナメント初戦はイングランドを倒してグループGの首位になったベルギーです。
今大会のベルギーは怪物ルカクやエースのアザール、司令塔のデブライネにテクニシャンのヤヌザイにといったスター選手達を揃えた優勝候補です。
決戦は7月2日の深夜27時。こういった強豪国と、負けたら終わりのトーナメントで真剣勝負できるのがワールドカップの醍醐味。チャレンジャー精神でぶつかってほしいところです。頑張れニッポン!!

なお、先日行われたグループFでは、前回優勝国でFIFAランク1位のドイツが格下の韓国に敗れ、最下位で敗退するという驚きの結果となってしまいました。
じつはワールドカップにおける前回優勝国のグループリーグ敗退は特に珍しいことでもなく、2002年の日韓W杯でも前回優勝国のフランスが、大黒柱ジダンの怪我もあり1点も奪えず1勝も出来ないまま敗退するといった過去もあり、じつはこれで三大会連続の出来事(イタリア→スペイン→ドイツ)となっています。
4年に一度しか開催されないワールドカップは前回大会の主力選手が高齢化しているケースが多々あり、各国の研究や対策も進んでいるため、上手く世代交代しながら戦術に幅も持たせなければ、どんなチームでも栄枯盛衰の憂き目に合います。
今回のドイツはどちらかというと中盤の選手のコンディションが総じて悪く、守備意識もザルだったことが敗退の理由かと思われますが、超一流のタレントを多く抱えていても、一度狂った歯車を短期間で修正できずに終わってしまうワールドカップという大会の怖さをあらためて感じる出来事でありました。


※最後はノイアーが前線に上がりパワープレーに出るも、逆にボールを奪われて追加点を取られ万事休す。。




2018-06-28(Thu)

日本、セネガル相手に互角の闘い!アルゼンチンは奇跡の決勝トーナメント進出!!

日本VSセネガル面白かったですね!なぜかと言うと今大会はセットプレーからの得点が多く、スペインのナチョやコウチーニョ、ジエゴ・コスタやモドリッチらが素晴らしいミドルシュートを決めてはいますが、ミドルは基本的に個人の能力で取ったものであり、流れの中から奪ったゴールではありません。
そんな中、セネガル戦の日本のゴールは相手の守備を崩してのゴールだったわけで、海外の記者からも高評価を得ています。1点目は柴崎の高精度ロングフィードから長友と乾の受け渡しで崩したビューティフルゴール。2点目も乾からのマイナスのボールを岡崎が前で囮になって、後ろで”持ってる”本田が合わせての同点弾でした。
セネガル側のゴールも、サイドを浮き球と個人技で崩してからのグラウンダーのクロスをファーサイドで合わせたものであり、4得点中3点が相手守備を崩してのゴールだったわけです。こういう試合は見ていて楽しい♪




本調子からは程遠いスペインがモロッコ戦で魅せたイスコの得点も、直前でイニエスタがワンツーでタッチライン際まで抜け出してからのマイナスのボールでしたし、やはり相手の守備を崩すには単純にクロスを放り込むのではなく、あそこまで深くえぐる意識を持たないとダメなんだと思いますね。
あとはやはりペナルティエリア内でのパスのアイディアでしょうか。パナマ戦でベルギーのデブライネのアウトサイドチップキックにルカクが合わせたゴールも、パスの出し手が思い描いている軌道と受け手のイメージがぴったり合ったことで、マーカーひしめく密集地帯の中で生まれた美しいゴールだったと思います。
個人的に現在までの大会ナンバーワンゴールは、ポーランド戦で魅せたコロンビアのハメス・ロドリゲスの素晴らしいグラウンダーのアーリークロスからのクアドラードのゴールですね。あのパスはまさにワールドクラスの視野の広さと技術としか言い様がないです。フォルカオも結果出したし、コロンビア・・・やっぱり11人だと強いわ(笑)

         ※マーカー二人を相手に縦に突破しつつ、一番遠くの味方の前方のスペースに
          速くて正確なグラウンダーのクロスを供給。これがハメスの世界最高峰のパス技術!

そして崖っぷちのアルゼンチンは三戦目でようやくメッシに待望の初得点が生まれました!
中央からのロングフィードに抜け出したメッシの神トラップから右足でのゴール。後方からのボールに対して相手DFと対峙しながらも、トラップからシュートまで全く無駄の無いボールタッチとコントロールでシュートまで持っていく様は、さすが世界最高選手の成せる技と言えるでしょう。

             ※後方からカーブの掛かったロングフィードを左足で見事に腿トラップし、
              次に触る右足の前に完璧にコントロールするメッシの神技的な技術!

その後、ナイジェリアに同点に追いつかれグループリーグ敗退が現実味を帯びますが、残り5分で全員攻撃を仕掛け、最後はなんとセンターバックのロホがペナルティエリア内で会心のボレーを突き刺してグループリーグ突破を決めるというミラクルを見せてくれました。
試合全体を通じてはまだまだ良いゲーム運びが出来ているとは言い難いアルゼンチンですが、これで波に乗れれば大会も盛り上がるはずです。決勝トーナメント1回戦の相手は若きタレントが揃う新星フランス。好勝負に期待しましょう!
また、我らが日本も明日、三戦目のポーランド戦が行われます。特に後半の試合運びに関しては、コロンビアVSセネガルの試合状況も見ながらの高度なベンチワークが必要となります。ここまで来たらなんとか決勝トーナメントに進出してもらいたいですね。 頑張れニッポン!!




2018-06-24(Sun)

悩めるメッシとネイマール、躍動するロナウドとモドリッチ!

ワールドカップのグループリーグが始まって早くも各国二戦目に入り、早速決勝トーナメント進出を決定した国も出てきました。
優勝常連国は例年、一か月後の決勝戦にピークを持っていくことを見越してスロースタートになるため、グループリーグで苦杯を舐めるシーンも頻繁にあるわけですが、今年はそれに加えて中堅各国の中盤のプレス~最終ラインの守備が軒並み固く、グループリーグにしては比較的ロースコアな展開が多い気がします。
開幕こそ地元ロシアの5得点圧勝、翌日はポルトガルVSスペインという新旧ヨーロッパ王者の対決がクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックとジエゴ・コスタの2発を含む3対3の派手な撃ち合いとなりましたが、それ以降の試合はブラジルやアルゼンチンやドイツといった優勝常連国が苦戦を強いられ、場合によっては予選敗退も有りうる展開となっています。https://tver.jp/corner/f0022776

そんな中、前評判の高かった中堅各国は素晴らしい闘いを演じています。
特にレアルの10番であるモドリッチとバルサの心臓ラキティッチという二大司令塔を擁してタレント集団と前評判の高かったクロアチアはアルゼンチンを3対0で粉砕し、早々とグループリーグ突破を決めました。
また、欧州予選を無敗で通過し、初優勝も夢ではないと言われている”赤い悪魔”ことベルギーも、マンCの司令塔デブライネを中心に、マンUの怪物ルカクにチェルシーのアザールと言った強力なアタッカー陣が前評判どおりの実力を見せつけ危なげなく突破を決めています。
史上最高のGKと讃えられたピーター・シュマイケルの息子であるカスパー・シュマイケルがゴールを守るデンマークや、堅守速攻に磨きをかけたスイスとメキシコ、アフリカ予選を楽勝で突破したナイジェリアも侮れません。
久々に本大会出場となるポーランドは、欧州予選最多得点記録(16得点)を更新したFWレバンドフスキの爆発次第ですが、初戦のセネガル戦で競り負けたため、こちらも初戦で退場者を出して日本に不覚を取った南米の勇・コロンビアとの一大決戦が控えています。
ファルカオ&ハメスロ・ドリゲスの天才コンビとレバンドフスキのどちらが決勝トーナメントに生き残るのか・・・日本VSセネガルの試合とともに、こちらも大注目ですね。

一方、ブラジル・アルゼンチン・ドイツといった強豪国は、ネイマールやメッシ、エジルといったエースが相手チームの執拗なマークによって完全に抑え込まれ、チームとしても波に乗れていません。

ブラジルは二戦目もレアルの守護神ナバスを中心としたコスタリカの分厚い守備に大苦戦しましたが、ロスタイムにようやくゴールを上げ、ネイマールも初得点を記録してなんとか勝利しました。
前回大会ほどネイマールに依存したチーム作りにはなっておらず、これで波に乗るかもしれません。
全てのポジションにワールドクラスのタレントを揃える前回優勝国・FIFAランク1位のドイツは、直前の親善試合で全く勝てずに悪い流れのまま初戦に挑み、メキシコ相手に星を落としました。まだ一試合しか終えていませんが心配なチーム状態です。
アルゼンチンは二試合通じてメッシがほとんど何も出来ておらずグループ最下位とこちらも重症です。
メッシがボールを持つと周りが止まってしまい、周りがボールを持っても良い位置でメッシにボールが入らないという悪循環に陥ってしまっています。現在のアルゼンチンにはかつてのリケルメやベロンといった司令塔タイプのゲームメーカーが不在のため、中央のメッシへ圧力が集中し、得意のドリブルも全て分厚いディフェンスに引っ掛かってしまっています。
この状況ならバルサでのデビュー当時のように、プレッシャーの比較的緩い右サイドにメッシを配してサイドからの崩しに活路を見出した方がチームとして機能するような気もします。
あと一戦しか残されていませんが、世界最高選手であるメッシの最後のワールドカップはこれで終わってしまうのか・・・アルゼンチンの底力に期待したいところです。





かつてジダンやアンリ、ビエイラらを擁して栄華を極めたフランスと、ベッカムやルーニー、スコールズ、ジェラード、ランパードといったタレントを誇ったイングランドは今回、完全に世代交代を果たしたフレッシュなメンバーで挑む大会となっています。
フランスの中盤にはポグバとカンテが君臨し、前線には欧州でも屈指のアタッカーであるグリーズマンが、そして19歳にしてレ・ブルーの10番を背負う超新星エムバペがおり、今大会の台風の目です。
イングランドは2年連続プレミア得点王のハリー・ケインを筆頭に、チーム・トッテナムとも言えるようなメンバーで連携力に秀でたチームを作り上げてきました。中盤から前線の選手にスピード感あふれる選手が多く、セットプレーにも強いため大会向きなチームとなっているように思います。

これから続々と決勝トーナメントに進出するチームが決まっていきます。サッカーファンにとってはまだまだ眠れない夜が続きますね!!




2018-06-20(Wed)

日本のワールドカップ初戦、強豪コロンビアに勝利!!


いやぁ~今日は職場でもほぼこの話題で持ち切りでしたね。開幕前の親善試合では全く良いゲームが出来ず、開幕2カ月前に監督交代劇があり、代表メンバー選考後も「スポンサー忖度ジャパン」とか「年功序列ジャパン」とか散々非難されましたが、見事に『初戦に勝利して勝ち点3』という最高の結果を手にしました。
コロンビアのエース、ハメス・ロドリゲスが怪我で大事を取ってスタメンから外れ、開始3分で攻守の要であるカルロス・サンチェスが一発レッドカードで退場して10人になるという幸運もありましたが、大会は結果が全て!運も実力のうちです。

西野監督は大事な初戦で上手くて強くて「半端ない」大迫をワントップに据え、乾&香川の元セレッソコンビを前線に配し、最終ラインは対人に強い吉田とカバーリングに秀でた昌子の組み合わせでスタメンを組んで来ました。
右サイドアタッカーの位置は、決定力のある武藤と攻守に献身的な動きができる原口のどちらを起用するのかと思っていましたが、後者でしたね。そして、これが大当たり。正直言ってアタッカーである原口の守備力がここまで高いとは思っていませんでした。球際に強く、ライン際での守備も本職のサイドの選手と遜色ない出来でコロンビアのサイドを完全に制圧していたといっても良いでしょう。
この試合は柔らかいボールタッチと屈強なポストプレーで2得点に絡んだ大迫がMVP(MOM)を取りましたが、個人的には裏MVPは間違いなくこの原口にあげたいですね。


運も味方に付けて勝利したとはいえ、後半は10人のコロンビアに押し込まれ、セットプレーなどで相手をフリーにしてしまい危ない面もあったのも事実。
次戦の相手は組織的な守備力と超人的な個の速さを併せ持つセネガル。課題を修正してなんとか好勝負に持ち込みたいところです。頑張れニッポン!!




2018-06-03(Sun)

今年こそ優勝!? 2018ベイスターズ応援日記⚾

去年は2001年以来16年ぶりのシーズン勝ち越しを決め、DeNAベイスターズとして堂々のCS進出を果たしました!(どれだけ暗黒時代が長いんだ・・・)
一昨年の初CS出場時は『借金生活での3位』と謗られ、正直ファンとしても微妙な気持ちでしたからね~
今回はなんとか貯金生活をキープし、3位からの下剋上で阪神・広島を倒して日本シリーズに挑み、ソフトバンク相手にもう二歩くらいのところまで善戦しました☆

2018年はスタートでつまづいたものの、若手の台頭で怒涛の8連勝も有り首位!・・・と、喜んだのも束の間、あっという間にBクラス転落という、ジェットコースターのような成績の毎日です。

長いシーズン、まだ一喜一憂狼する時期ではないのですが、なにせ大魔神・佐々木とマシンガン打線を擁して日本一に輝いた1998年の前後数年以外は、前身の大洋ホエールズ~横浜TBSベイスターズの時期も含め【暗黒時代】が非常に長い球団でして、生きている間にあと何回優勝できるチャンスがあるのか分かりませんから(笑)。
今期もファンの皆さんと一緒に”一喜一憂”しながら楽しみたいと思います☆





<2018年ベイスターズの軌跡>
OP戦:今永、濱口、ウィーランドの10勝トリオがそろって故障し、不安を抱えたまま2018年プロ野球が開幕。
03/30:悪い予感は的中し、開幕からズッコケてヤクルトに連敗スタート。阪神にも連敗して開幕5戦で1勝4敗。
04/07:東、京山、バリオス、神里と若い戦力と新助っ人が躍動し、なんと8連勝!・・・するも、すぐBクラス転落。
05/06:ソトが一軍合流後、即大活躍してチームも上昇傾向。
05/18:巨人との三連戦で、眠れるハマの大砲・筒香が三試合連続かつ三戦目は3本のアーチ量産で御目覚め。
06/17:セパ交流戦が終了。不振のソトが復活の満塁弾を放ち、神里が延長決勝打を決めるなど奮闘するも、怪我人続出で波に乗れず7勝9敗と負け越し。セの5球団が負け越すなか、一位はなんと12勝5敗でヤクルト!!
07/11:リーグ戦再開後も7勝9敗と負け越し。トータル36勝40敗の借金4で前半戦は終了。ここまでチーム本塁打数92本でセ1位。チーム防御率3.94でセ3位といずれも首位の広島を上回っているのになんで?




07/16:W杯決勝翌日にプロ野球の後半戦がスタート!今永復調、梶谷&ロペス復帰で巻き返しなるか!?
07/18:オールスター挟んで4連敗と波に乗れないなか、復帰の梶谷とトレードで移籍してきた伊藤光が活躍し、筒香の2発も出て快勝!今年もCSに出られた場合は、この試合がポイントだったと言われるかも。
8/4前日のサヨナラ勝ちの勢いを活かせず広島に完敗し、ついに最下位転落・・・。2日には梶谷の骨折も判明しており、ファンから”今年は仕方ない”といった諦めムードが漂う。
8/17:筒香の逆転満塁弾のあと宮崎とソトも続き三者連続ホームランで首位・広島に勝利・・・するも相変わらず波に乗れずに22日の巨人戦に負けて再び最下位転落。
8/31:激しく最下位を争う中日戦で勝ち越して4位浮上を狙い阪神と対決。初戦で大和のタイムリーとソトのツーランで3点を先制するも、雨が上がったところで何故かコールドゲームに・・・その後、連敗して意気消沈。
⇒いまここ




--------------------------------------------------------------------------------------------
【作品紹介】
こんな時代だからこそ、子供から大人まで読んでほしい絵本を作りました。
『星のゆうびんやさん ハイタツマン』 ISBN978-4-434-24494-0
武器でやっつけ合うのではなく、武器そのものをみんなが笑顔になれるものに変えてしまう特技をもった、全く新しいタイプのヒーロー誕生!世界の恒久平和を願って。 ※本屋さんでもWEBからでも注文・購入が可能です☆


イメージ 9

<製作仮定>
2018.05/02 プレスリリース公開
2018.05/03 全国の書店で発売開始 ※絵本ナビさんより、インタビュー記事掲載
2018.09/01 リトル・ママ東京さんにて、9月度月間プレゼントに掲載

<問い合わせ/御注文>
作品についてのお問い合せや、各種の御相談は出版社の牧歌舎さん まで。
絵本のご注文は最寄りの書店様か、Amazon、楽天ブックスなどからのネット購入も可能です。
(Amazonやhontoでの注文だと送料無料でコンビニ支払いや受け取りが可能。TSUTAYAオンラインでの注文の場合は最寄り店舗にて、紀伊国屋書店WSやe-honでの注文の場合は最寄り書店にて、それぞれ送料無料で受け取り・支払いが可能です。)

Amazon での御注文はこちらから。
honto(大日本印刷株式会社):ジュンク堂、丸善、文教堂 での御注文はこちらから。
紀伊国屋書店 WEB STORE での御注文はこちらから
e-hon書店NW:三省堂、啓文堂、くまざわ書店、住吉書房、八重洲BC、アシーネ での御注文はこちらから。
楽天ブックス での御注文はこちらから。
TSUTAYA オンラインショッピング での御注文はこちらから。

☆ ブログランキング参加中 ☆
皆さんの応援クリックが記事を更新するモチベーションです☆    (クリックは一日一回、可能です)
プロフィール

アキレスケンさん

Author:アキレスケンさん
好きな野球チーム:大洋ホエールズ(現・DeNAベイスターズ)♪
好きなサッカーチーム:ACミラン(選手はロナウジーニョ)♪
好きなお馬:トウカイテイオー♪
好きな自動車:JEEP♪
好きな食べ物:御寿司、納豆♪
好きな歌手:和楽器バンド♪
趣味:フットサル、サイクリング、ドライブ、映画鑑賞、作家活動。

このたび一念発起して絵本を出しました。「星のゆうびんやさん ハイタツマン」平和のヒーロー、ハイタツマンがいろんな願いを届けます。
応援よろしくお願いします☆

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ