2018-07-26(Thu)

田中将、スプリットが冴えて完封勝利!これで今季8勝2敗。

【本日の日記】
最近メジャーの話題といえば大谷選手のことばっかりでしたが、今日は田中マー君がやりました!
3安打完封。しかも9回を105球でまとめるということは、いかにコントロールがよく無駄球が無かったかという証拠ですね。
特に低めのスプリットとストレートの制球が抜群で、リードするキャッチャーもさぞや楽しかったことでしょう。

※低め一杯からボールゾーンに落ちるスプリット。これが頭にあるので打者は同じコースのストレートに詰まる。

2013年に楽天イーグルスで故・星野監督のもと、エースとして24連勝を飾り日本一に輝くという伝説を作ってから、ヤンキースに移籍してはや5年目。
右肘の故障や一発病を克服しながら13勝・12勝・14勝・13勝と安定した成績を重ね、今期も既に8勝2敗。
メジャーでもしっかりと勝ち星を計算できる先発投手のひとりと言えるかと思います。

田中将は過去に右肘の靭帯損傷からPRP注射という保存療法で復帰を果たしており、同じ治療法で投手としての復帰を目指している大谷にとっても明るい話題と言えるでしょう。
イチローが事実上引退し、ダルビッシュの故障が長引き、日本人野手がいなくなってしまったメジャーリーグ。
この二人に掛かる期待は大きいです。頑張ってほしいですね!




2018-07-25(Wed)

”打者・大谷”、故障から復帰後に【力】と【技】で7号・8号ホームラン!!

【本日の日記】
7/24、エンゼルスの大谷選手がバックスクリーンに8号ホームラン
外のボールを逆らわずにセンター方向へと言葉にすれば簡単ですが、稼頭央や西岡や中島といった名だたる日本のスター選手が皆、メジャーの外のストライクゾーンを克服できずに無念の帰国を余儀なくされたわけで・・・それをパワー負けせずにセンター深くまで飛ばせる”打者・大谷”。やはり凄いとしかいいようがないですね。

先日の9日にも打者復帰後初となる7号の代打ホームランをセンターに打っていますが、この時は追い込まれてからインローの変化球を腕を畳んで上手く打ち返しており、【力】も【技】もメジャーで通用するところを存分に見せつけてくれています。
このままの調子でいけば二ケタの10号はほぼ間違いなし。肘の故障により投手として10勝がお預けになってしまったことがつくづく悔やまれますが、今年はその分、打者としての経験をしっかり積んでもらいたいですね!


※インローを上手くすくい上げて7号!⇒アウトハイを逆らわずにはじき返して8号!いずれもセンターへ。




2018-07-23(Mon)

今週のNumber表紙はエムバペ! そして、ついにイニエスタがJリーグデビュー!!

【本日の日記】
ワールドカップ総集編の雑誌を買いに書店に行ったら、Numberの表紙が格好良すぎて思わずそっちを買ってしまいました。。エムバペがトロフィーを持ってるシーンを背景に、 ”世界は一撃で変わる” のサブタイトル☆

※今週のNumber表紙。カッコイイ!

エムバペはメッシとの直接対決を制して勝ち上がり、決勝戦でも”神様”ペレ以来の10代での得点を記録し、合計4得点で得点王争いでも堂々の2位タイという文句の付けようのない活躍でした。
かつてメッシがバルセロナで台頭した時もそうでしたが、時代の”潮目”が変わるのを感じた大会でしたね。
もちろん、メッシも選手としてもう終わってしまったわけではないので、もう一花咲かせてもらいたいところです!

また、本日7/23は元バルサのスペイン代表イニエスタ(ヴィッセル神戸)と、アトレティコマドリーのF・トーレス(サガン鳥栖)がJリーグデビューを果たしてくれました!
記録的猛暑の影響もあり、コンディション的にはまだまだこれからという印象でしたが、いずれは日本代表監督に就いてもらって代表をスペイン・バルセロナ化してほしい!・・・なんて夢も膨らんでしまいます。
ピークは過ぎているとはいえ、現役ワールドクラスの選手の参戦。これからの活躍に期待しましょう!!

※世界最高峰のプレーメーカーであるイニエスタがJリーグに脚を踏み入れた決定的瞬間(笑)。




--------------------------------------------------------------------------------------------
【作品紹介】
こんな時代だからこそ、子供から大人まで読んでほしい絵本を作りました。
『星のゆうびんやさん ハイタツマン』 ISBN978-4-434-24494-0
武器でやっつけ合うのではなく、武器そのものをみんなが笑顔になれるものに変えてしまう特技をもった、全く新しいタイプのヒーロー誕生!世界の恒久平和を願って。 ※本屋さんでもWEBからでも注文・購入が可能です☆



<製作仮定>
2018.04/23 牧歌舎さんと出版契約後、3カ月の編集作業を経て刊行
2018.05/02 プレスリリース公開
2018.05/03 全国の書店で発売開始 ※絵本ナビさんよりインタビュー記事掲載

<問い合わせ/御注文>
作品についてのお問合せ、御相談は出版社の牧歌舎さん まで。
絵本のご注文は最寄りの書店様か、発売元の星雲社さん(TEL:03-3868-3275/FAX:03-3868-6588)まで。

また、Amazon、楽天ブックス、TSUTAYAオンラインなどからのネット購入も可能です。
(Amazonやhontoでの注文だと送料無料でコンビニ支払い~受け取り可。TSUTAYAオンラインでの注文なら最寄りのツタヤ店舗にて送料無料で受け取り・支払いが可能。紀伊国屋とe-honは書店での受け取りとなります。)

Amazon ⇒での御注文はこちらから。
honto(大日本印刷株式会社):ジュンク堂、丸善、文教堂 ⇒での御注文はこちらから。
紀伊国屋書店 WEB STORE ・・・での御注文はこちらから
e-hon書店NW:三省堂、啓文堂、くまざわ書店、住吉書房、八重洲BC、アシーネ ⇒での御注文はこちらから。
楽天ブックス ⇒での御注文はこちらから。
TSUTAYA オンラインショッピング ⇒での御注文はこちらから。
絵本ナビ ⇒での御注文はこちらから。

2018-07-21(Sat)

夏男・桑原、サイクル安打達成おめでとうー☆ 上原の100勝100H100Sも凄い!

【本日の日記】
いや~オールスター挟んで4連敗でしたが、18日に筒香2発で7-2で快勝し、20日は夏男・桑原がサイクル安打達成して10-3で連勝!ようやく波に乗ってきました。
”打てる捕手”伊藤光が移籍してきたことで下位打線に厚みが出てきたこともポイントかと思います。

最近、巨人が調子いいので広島と星を潰しあってくれることを期待してたんですが、乱打戦になって最後はマシソンがホームランを打たれ、結局は広島が10-9で勝利・・・。う~ん、今年の広島もいまいちパッとした印象ないんですが、これでノッてしまうかも。。
しかし、上原の日米通算100勝100ホールド100セーブ達成って何気に超・凄くないですか?一軍でレギュラー張っていてもどれかひとつ達成することですら大変なのに、先発・中継ぎ・抑えの全てで達成とは・・・敵ながら”アッパレ”です。





2018-07-17(Tue)

ロシアでのワールドカップも終わり、プロ野球は後半戦がスタート!

【本日の日記】
ワールドカップが終わって、オールスター休みも明け、ペナント再開!
今日はベイスターズ勝てそうかと思ったら、康晃が乱調で9回に5点取られて逆転負け・・・次は頼むよ~
それにしてパ・リーグのホークス打線はえげつない・・・8本塁打って。低めのボール球もすくい上げ、直球は広いヤフオクドームの反対方向に叩き込み、もう凄いとしか言いようがないです。相手投手は投げる球ないですね、これは。。




2018-07-16(Mon)

【絵本】 ハイタツマン 製作~発売の記録 (表紙)

【作品紹介】
こんな時代だからこそ、子供から大人まで読んでほしい絵本を作りました。
『星のゆうびんやさん ハイタツマン』 ISBN978-4-434-24494-0
武器でやっつけ合うのではなく、武器そのものをみんなが笑顔になれるものに変えてしまう特技をもった、全く新しいタイプのヒーロー誕生!世界の恒久平和を願って。 ※本屋さんでもWEBからでも注文・購入が可能です☆



<製作~販売過程>
2018.05/02 プレスリリース公開
2018.05/03 全国の書店で発売開始
2018.05/31 絵本ナビさんにて、インタビュー記事掲載
2018.07/27 文真堂さんにて、 「おすすめ絵本フェア」イベントにより書店展開
2018.09/01 リトルママ・東京さんにて、9月度月間プレゼントに掲載


<問い合わせ/御注文>
作品についてのお問い合せや、各種の御相談は出版社の牧歌舎さん まで。
絵本のご注文は最寄りの書店様のほか、Amazon、楽天ブックスなどからのネット購入も可能です。
(Amazonやヨドバシ、hontoでの注文だと送料無料でコンビニ支払いや受け取りが可能。TSUTAYAオンラインでの注文なら最寄りのツタヤ店舗にて送料無料で受け取り・支払いが可能。紀伊国屋WSやe-honでの注文の場合は各書店での受け取りとなります。)

Amazon での御注文はこちらから。
honto(大日本印刷株式会社):ジュンク堂、丸善、文教堂 での御注文はこちらから。
紀伊国屋書店 WEB STORE での御注文はこちらから
e-hon書店NW:三省堂、啓文堂、くまざわ書店、住吉書房、八重洲BC、アシーネ での御注文はこちらから。
楽天ブックス での御注文はこちらから。
ヨドバシ.com での御注文はこちらから。
・オムニ7(セブンネットショッピング) での御注文はこちらから。
TSUTAYA オンラインショッピング での御注文はこちらから。
絵本ナビ での御注文はこちらから。











2018-07-16(Mon)

2018ロシア・ワールドカップ優勝は、若きレ・ブルーことフランス代表! 大会MVPはクロアチアのモドリッチ!

長かったワールドカップの闘いもいよいよ決勝戦。フランスVSクロアチアの組み合わせとなりました。
現監督のデシャンやジダンを擁して自国開催で優勝を飾った1998年以来の優勝を目指すフランスか、内戦を乗り越え欧州随一のテクニックを誇るタレント集団となったクロアチアか・・・いざ決戦!

※フランスとクロアチアの決勝戦。この黄金のワールドカップトロフィーを掲げるのはどちらの代表か!?

前半はクロアチアが気合満点で前から圧力を掛けていきますが、フランスもカウンターで応戦。グリーズマンのFKがオウンゴールとなってフランスが先制します。
クロアチアも25分にカンテのイエローを誘い、FKからのこぼれ球をペリシッチが鋭い切り返しから左足で豪快に突き刺して同点!
その後、フランスの右CKの際にクロアチアがハンドを取られ、グリーズマンがPKを決めて再びリード。前半をフランスの2-1で折り返します。

後半も開始からクロアチアが中盤の激しい攻防を制して押し込みますが、ここでフランスのデシャン監督は、前半にカードを一枚もらって激しく行けなくなっていた中盤の要・カンテを下げるという思い切った決断を下します。
しかし、カンテがいなくなってもフランスにはポグバがいます!右サイドを駆けるエムバペに超ロングスルーパスを通し、その折り返しを自ら叩き込んで追加点。更に左サイドをエルナンデスが切り裂いて中央のエムバペに流し、勝利を決定付けるダメ押しゴールを決め、スコアを4-1とします。
その後もクロアチアは諦めず、キーパーに詰めたマンジュキッチがロリスのミスを誘って1点を返し、なおも猛攻を仕掛けますが、フランスの鉄壁の守備ブロックを崩せずタイムアップ。
https://tver.jp/corner/f0024322
※技術はクロアチアの方が上ですが、フランスにはこのポグバの得点シーンのようにダイナミズムが有ります。

これでデシャンは選手と監督の両方でW杯制覇という史上3人目の偉業を達成。ヤングプレーヤー賞はフランスから19歳のエムバペ得点王はイングランドのハリー・ケイン最優秀GKはベルギーのクルトワ。そして大会MVPはクロアチアのモドリッチが受賞しました!レアルマドリードでチャンピオンズリーグ決勝まで戦った上に、このワールドカップでもキャプテンとしてクロアチアを引っ張り、最後まで全力で駆け抜けたモドリッチ・・・決勝戦は負けてしまいましたが、個人的に彼の大会MVPに異論は全く有りません。

それにしても、エムバペ・・・メッシもクリスティアーノ・ロナウドもネイマールも取れなかったワールドカップのタイトルを19歳にして手にしてしまいました。10代で決勝戦で得点をマークしたのは、あの”サッカーの神様”ペレ以来の快挙、しかも合計4得点は得点ランキングでも堂々の2位タイの成績です。
マラドーナの時代、ジダンの時代、クリロナ&メッシの時代を経て、果たしてエムバペの時代となるのでしょうか?末恐ろしい19歳・・・今後、彼がどんなビッククラブに移籍して成長していくのか、非情に楽しみです!

※2018ロシアワールドカップはフランス代表の優勝で幕!エムバペ時代の到来となるのか?今後に注目!

2018FIFAワールドカップ・ロシア大会はフランスの優勝で幕を閉じました。堅守を誇る中堅国のレベルが上がり、セットプレーの重要性が大会ごとに増していく一方、それを打ち破る技術をもったクロアチアやベルギーが躍進し、地元ロシアや大会直前のゴタゴタを乗り越えた日本の健闘も光りました。
個人的にはモドリッチやディマリアやデブライネといったエースクラスは言わずもがな、ナチョやパバールらサイドバックのスーパーミドルが多かった大会という印象を持ちました。

そして忘れてはいけないのが、今大会から導入されたVARでのビデオ判定。前回ブラジル大会のゴールラインテクノロジーに次ぐ新システムの導入でしたが、判定が覆るのかそのままなのか独特の緊張感が有りました。
もちろん、ビデオ確認の際、どのくらい手が掛かっていたら反則を取るのか、エリア内で偶発的にボールが手に触れたら全てPKなのか、などガイドラインの再整備も必要かとは思いますが、”誤審を無くすための証拠動画”としては大会を通じて概ね機能していたのではないかと思います。https://tver.jp/episode/f0024330

この一カ月、仕事から帰ったらすぐに寝て、深夜に起きてワールドカップを観戦する日々・・・4年経つごとに体力が落ちていることを実感する毎日でしたが、なんとか今回も決勝まで乗り切ることが出来ました。
次の2022年カタール大会では年齢的にもう無理(笑)!同じようなファンの方は沢山いると思いますが、今夜は”4年に一度のサッカーの祭典”の表彰式の余韻に浸りながら、ゆっくり寝ようと思います☆彡 お疲れ様でした~




--------------------------------------------------------------------------------------------
【作品紹介】
こんな時代だからこそ、子供から大人まで読んでほしい絵本を作りました。
『星のゆうびんやさん ハイタツマン』 ISBN978-4-434-24494-0
武器でやっつけ合うのではなく、武器そのものをみんなが笑顔になれるものに変えてしまう特技をもった、全く新しいタイプのヒーロー誕生!世界の恒久平和を願って。 ※本屋さんでもWEBからでも注文・購入が可能です☆


イメージ 9

<製作仮定>
2018.05/02 プレスリリース公開
2018.05/03 全国の書店で発売開始 ※絵本ナビさんより、インタビュー記事掲載
2018.09/01 リトル・ママ東京さんにて、9月度月間プレゼントに掲載

<問い合わせ/御注文>
作品についてのお問い合せや、各種の御相談は出版社の牧歌舎さん まで。
絵本のご注文は最寄りの書店様か、Amazon、楽天ブックスなどからのネット購入も可能です。
(Amazonやhontoでの注文だと送料無料でコンビニ支払いや受け取りが可能。TSUTAYAオンラインでの注文の場合は最寄り店舗にて、紀伊国屋書店WSやe-honでの注文の場合は最寄り書店にて、それぞれ送料無料で受け取り・支払いが可能です。)

Amazon での御注文はこちらから。
honto(大日本印刷株式会社):ジュンク堂、丸善、文教堂 での御注文はこちらから。
紀伊国屋書店 WEB STORE での御注文はこちらから
e-hon書店NW:三省堂、啓文堂、くまざわ書店、住吉書房、八重洲BC、アシーネ での御注文はこちらから。
楽天ブックス での御注文はこちらから。
TSUTAYA オンラインショッピング での御注文はこちらから。


2018-07-15(Sun)

今大会を盛り上げたベルギーが見事3位!未完のイングランドとともに次のカタール大会でも期待大。

ワールドカップ3位決定戦はベルギーVSイングランド。今大会屈指のタレントを擁して大会を盛り上げたベルギーと、エースのハリー・ケインを中心にセットプレーに無類の強さを発揮したサッカーの母国イングランドの対戦となりました。
毎回、堅い展開に終始する決勝戦に比べて、面白い展開になるケースが多い三決ですが、最後までセットプレー頼み (今大会12点中9点がセットプレー絡み)だったイングランドに対し、高い個人技と鋭い速攻を兼ねそろえた攻撃で2点を奪ったベルギーが快勝!見事ベルギー史上最高の3位に輝きました。
https://tver.jp/corner/f0024307

イングランドはこの試合でも、流れの中でのチャンスはワンツーで最終ラインを抜け出したダイアーがループで狙った惜しいシュートの一回だけ。守備の高さとセットプレーでの迫力は世界屈指のものがあるただけに、トップの強豪国に迫るには攻撃にもうひと工夫が必要という印象を残しました。しかし、非常に若いチームだったこともあり、次のカタール大会では更なるレベルアップを期待したいと思います!

一方のベルギーは大会前からの隠れ優勝候補という評価に違わぬ実力を見せつけ、周りの選手を活かしながら4得点と決定力も発揮したルカク、アザールのドリブル、デブライネのスルーパス、ムニエやシャドリのサイド攻撃、フェライニの高さに加え、ワンタッチで繋ぎながらの高速カウンターと、多くの攻撃バリエーションで勝ち進み、ワールドカップ史上で見ても非常に魅力あるチームでした。
この試合でも前半の1点目はセンターフォワードであるルカクのスルーパスから左サイドを抉ったシャドリのクロスに右サイドのムニエが合わせて先制!後半も得意のカウンターから多くのチャンスを作り出しアザールが追加点と、ほぼ完勝と言っていい試合内容でした。
主力の攻撃陣や守護神のクルトワは次のカタール大会でも28~31歳くらい。ヤヌザイやティーレマンスといった若手も台頭してきており、守りを統率してきたコンパニやベルトンゲンが抜ける守備陣を再整備できれば、まだもう一回優勝を狙えるチャンスはあるでしょう。次の大会でも優勝候補になりそうですね!

※FWのルカクがスルーパスを出し、両サイドアタッカーで得点する。ベルギーの攻撃バリエーションの豊富さ。

さぁ、いよいよ今夜の決勝戦はフランスVSクロアチア。デシャン監督のもと1998年の自国開催以来の優勝を狙う若きフランスに、驚異的な粘りと技巧でゴールマウスをこじ開けてきたクロアチアが初優勝を掛けて挑みます!




2018-07-13(Fri)

前半戦のMVPは東、三嶋、ソト!後半戦は梶谷の復帰と今永の復調次第!?

さて、日本代表がベスト16で敗退したあとも熱戦が続くワールドカップですが、15日夜に行われる決勝戦は若きフランス代表VSテクニシャン揃いのクロアチアという新鮮な対戦になりました。
W杯期間中、プロ野球は交流戦が終わってリーグ戦がこっそりと再開されていましたが、その間ベイスターズは7勝9敗で前半戦を終了し、オールスター休みに入りました。
交流戦も7勝9敗で負け越しており、トータル36勝40敗の借金4での折り返し・・・どうにもスッキリしない前半戦となってしまいました。
とりあえず前半戦のMVPは文句無しで東投手。新人でありながら最早ローテーションの柱ですね。
あとは中継ぎで復調し大車輪の活躍を見せた三嶋と、怪我で欠場したロペスの穴を埋めてくれたソトですかね。
(筒香・宮崎・山康はこれくらいやって当然の実力なので、あえて挙げません。後半も頼みます!)



※すでにエース級の活躍、ハマのAZUMAX?ことドラ1・東投手。三嶋投手とソト選手には後半戦も期待!

今シーズンは開幕前に今永・濱口・ウィーランドの昨年10勝トリオが揃って故障で不在という最悪の状態でのスタートだったわけで、前半戦の苦戦は予想どおりといえばそれまでなのですが、こうもスッキリしないのは、せっかく若手が活躍したり、筒香が爆発したり、サヨナラ勝ちを決めたりと、良い形の勝利があったにも関わらず、勢いがなかなか続かず、せっかく連勝してもあえなく連敗するという内容の繰り返しだったせいかな、と思います。

順位表の詳細を見ると分かりますが、じつはチーム本塁打数1位・チーム防御率3位と、ともに広島を上回っているんですよね。にも関わらず広島は貯金10で首位独走。こちらは借金4でBクラス(4位)です・・・。
投打が噛みあっていないというか、試合下手というか、ここらへんをなんとかしなければもうワンランク上の領域には行けないような気がします。

ただ、投手陣の柱になるべき今永の状態も徐々に上がってきましたし、この休養期間後にロペスや梶谷の復帰が見込まれるので、後半戦の反攻へ向けて役者は揃ってきたと言えるでしょう。
ここまで育てて来た城をトレードで出してまでオリックスから獲得した伊藤光捕手がどこまで出来るかもポイントです。走攻守に優れた元日本代表捕手ですが、去年は打率1割台で今シーズンも2軍暮らしでしたので、新天地での復調に期待したいところです!
VIVA! BAYSTARS☆




2018-07-12(Thu)

空中戦のイングランドVS地上戦のクロアチア。勝負の行方は…クロアチアが延長戦を制して決勝進出!

準決勝2試合目はイングランドVSクロアチア。簡単にいえば『セットプレー最強イングランド』と『全員テクニシャン・クロアチア』の対戦です。

※両チームのキャプテン、イングランドの得点王ハリー・ケインとクロアチアの10番モドリッチ。勝負の行方は?

イングランドはルーニーやジェラードらスター選手が一線を退き大幅に若返ったチームになりましたが、3バックを採用して中央には高くヘディングの強いDFを揃えており、相手チームは単純なクロスを入れてもほぼ通用しません。
攻撃時は快足スターリングを走らせてセットプレーをGETするか、両サイドのWBが高い位置からクロスを入れてハリー・ケインに合わせるという単純明快な戦術に徹しており、面白みは全くないもののトーナメントを勝ち抜くために合理的なチームにサウスゲート監督は仕上げて来ました。
実際、この試合に至るまでその得点のほとんど(11得点中8得点)をPKとセットプレー絡みで奪っています。

一方のクロアチアは、レアルの10番モドリッチやバルサの心臓ラキティッチをはじめ、前線から後ろの選手まで全員が上手くて球際にも強く、相手のプレッシャーをかいくぐってなんとしても守備を崩すんだという強い意志を感じるチームです。

前半はイングランドがまたも得意のセットプレーからFKを直接決めて先制!クロアチアもモドリッチを中心に相手を崩しにかかり、惜しいシーンが何度か有りましたが、得点を奪えないまま後半戦に突入します。
後半も同じような展開になり、クロアチアはキープレーヤーのモドリッチが厳しいマークにあいながらも終始攻め続け、後半20分過ぎに右サイドからの高速クロスにDFの前に上手く潜り込んだペリシッチが左足ボレーで合わせて同点に追いつきます。


※ハイボールは通用しないため、低めの高速クロスで勝負。DFの死角から上手く飛びこんで合わせ同点!

その後もサイドでの崩しから中への侵入、強烈なミドルシュートなどで怒涛の攻撃を魅せますが、得点は奪えず延長戦に突入します。そして延長後半にマンジュキッチがついに左足で勝ち越し弾!!
それにしてもクロアチアは決勝トーナメントに入ってデンマーク戦、ロシア戦ともに先制されながら追いついて延長・PK戦を制しており、これで3試合連続の延長戦・・・技術だけでなく強靭なメンタルも感じられます。
イングランドも最後はDFの枚数を削ってパワープレーに出ますが、そのままタイムアップ。
大会を通じてセットプレー頼みだったイングランドに対し、最後まで地上戦を挑み続けてゴールをこじ開けたクロアチア。クロアチアは決勝進出するに相応しい見事な試合内容だったと思います。

長かったワールドカップもついにファイナルへ。15日の日曜深夜に行われる決勝戦はフランスVSクロアチア!
アザール、エムバペ、ポグバ、カンテにマンジュキッチ、ペリシッチ、モドリッチ、ラキティッチと、非常に楽しみなタレントを抱えるチーム同士の対戦となりました。
決勝は固い試合展開になるケースが多いですが、面白い試合を期待したいと思います!




☆ ブログランキング参加中 ☆
皆さんの応援クリックが記事を更新するモチベーションです☆    (クリックは一日一回、可能です)
プロフィール

アキレスケンさん

Author:アキレスケンさん
好きな野球チーム:大洋ホエールズ(現・DeNAベイスターズ)♪
好きなサッカーチーム:ACミラン(選手はロナウジーニョ)♪
好きなお馬:トウカイテイオー♪
好きな自動車:JEEP♪
好きな食べ物:御寿司、納豆♪
好きな歌手:和楽器バンド♪
趣味:フットサル、サイクリング、ドライブ、映画鑑賞、作家活動。

このたび一念発起して絵本を出しました。「星のゆうびんやさん ハイタツマン」平和のヒーロー、ハイタツマンがいろんな願いを届けます。
応援よろしくお願いします☆

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ