2019-07-30(Tue)

【2019年 上半期スポーツニュースまとめ ③ 】 ル・マン24時間レースはトヨタが連覇!! F-1でホンダが13年ぶりに勝利🌟 

先日の上半期まとめ①②に続いて、今回はモータースポーツ界を振り返ってみたいと思います。

まず6/15~16に世界三大レースのひとつ『ル・マン24時間レース』が開催され、トヨタが連覇を達成しました!

昨年、中嶋一貴とセバスチャン・ブエミ、そして元F-1王者のフェルナンド・アロンソの駆る8号車が日本車として悲願の初優勝を果たし、日本人ドライバーとしても初めての優勝となったル・マンですが、今年も盤石の態勢で7号車とのワンツーフィニュッシュを決め、見事に連覇達成となりました。

これにより、2018-19のWEC(世界耐久選手権シリーズ)の年間タイトルも受賞。FIA主催レースの年間タイトルを日本人ドライバーが受賞するのは史上初めてとなります。中嶋一貴選手、おめでとうございます!
※レギュレーション移行期のため、今シーズンに限りルマンが2回対象となる特例の”スーパーシーズン”となります。
F-1ブームの時に父親の中嶋悟さんを応援していた世代としては感慨深いものがありますよね。
lm.jpg
※モータースポーツの表彰台に日の丸。おめでとう、トヨタと中嶋一貴!

また、6/30にはF-1のオーストラリアGPで、レッドブル・ホンダがフェルスタッペン選手のドライビングにより、実に13年ぶりの優勝を飾りました。ホンダの優勝は2006年のハンガリーGPでジェンソン・バトン選手が勝って以来となります。

1980年代後半からアイルトン・セナやアラン・プロストを擁してF-1を勝ちまくり、現在は第四期と言われるホンダのF-1参戦ですが、ここで改めて 一介のオートバイメーカーが4輪モータースポーツの頂点まで上り詰めたホンダのF-1参戦の歴史を振り返ってみたいと思います。

第一期:1964~1968年にワークス参戦。
65年の最終戦メキシコGPでリッチー・ギンサーが念願の初優勝
67年には2輪と4輪両方の唯一の世界王者である ”伝説のドライバー” ジョン・サーティースを擁してイタリアGPで優勝するなど合計20ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング4位
翌年を最後に乗用車事業に専念するため、F-1の活動を休止。

第二期:1983~1992年にエンジンサプライヤとして復帰参戦。
高性能ターボエンジンを開発し、翌1984年のアメリカGPでウィリアムズ・ホンダのケケ・ロズベルグにより復帰後初勝利。
86年と87年にはコンストラクターズタイトルを獲得(87年はネルソン・ピケがドライバーズ・タイトルも獲得)し、88年にはマクラーレン・ホンダが16戦中15勝という伝説的な強さでコンストラクターズ・タイトルとアイルトン・セナのドライバーズ・タイトルを獲得。
ノンターボエンジンに移行後の89年もアラン・プロストが、90年には再びセナがドライバーズタイトルに輝くなど、コンストラクターを6年連続で獲得。ドライバーも5年連続で獲得し、「世界一のホンダエンジン」の名を世界に轟かせた

また、日本人ドライバーの中嶋悟や鈴木亜久里らがフル参戦し、フジテレビの全戦中継により日本国内でF-1ブームとなった。
その後、ウィリアムズ・ルノーが他チームを圧倒するアクティブサスペンションなどのハイテク装備を開発したことで、相対的にエンジンの優位性が低下したことや、本田技研工業のグローバルでの新車販売不振などが重なり、1992年にF-1を撤退。
(第二期は主にセナとの蜜月の関係を築き計69勝を上げたが、そのセナはホンダ撤退後の1994年のレース中に事故死。なお、ホンダ撤退後は技術継承の名目でパートナー会社の”無限”が参戦し、主にジョーダン・無限HONDAとして4勝を上げている。)

第三期:2000~2005年にエンジンサプライヤで復帰。2006~2008年はワークス参戦。
B・A・Rへのエンジン供給および車体の共同開発という形で復帰。復帰後は苦戦を強いられたが、2004年のミシュランタイヤへの変更がマシンとの相性良く、佐藤琢磨がアメリカGPで表彰台に上るなどコンストラクターズ2位へと躍進

2006年に翌年からのタバコ広告禁止によりF-1撤退が決まっていたB・A・Rの全株式を取得し、満を持してワークス参戦。
当初は苦戦するも、第13戦のハンガリーGPでジェンソン・バトンが波乱のレースを制して優勝、第三期の初勝利を果たした。
ホンダワークスとしては39年ぶりの優勝であり、後半戦はコンスタントにポイントも獲得してコンストラクターズ4位を獲得するが、その後は低迷し、2008年に発生したリーマンショックの影響により、レース事業への投資を見送られF-1撤退。
(なお、株式譲渡によりチームを引き継ぎ、新たにメルセデスエンジンを積んだブラウンGPチームは、翌年にコンストラクターとドライバーのダブルタイトルを獲得するという皮肉な結果となった。)

第四期:2015~現在までPU(エンジンおよびエネルギー回生システムERSを含むパワーユニット)サプライヤとして復帰。
7年ぶりに復帰して元王者のフェルナンド・アロンソとバトンの態勢で挑むも、アロンソから「GP2のエンジンだ!」と酷評されるほどのパワー不足に泣かされ、高速サーキットとして有名なカナダGPでの最高速度がフェラーリより25km/h以上も劣るという惨状などにより、次第にチームとの関係が悪化。
2018年にマクラーレンとの契約を解消し、トロ・ロッソへPUを供給するもコンストラクターズ9位と惨敗。
(ただし、PUをルノーに変更したマクラーレン側も五十歩百歩の成績だったことから、ホンダエンジンのパフォーマンスだけでなくマクラーレン側のシャシー設計にも問題があったとされている)
翌年にはトロ・ロッソの親会社であるレッドブルが、ルノーとの関係悪化から、テストで改善を見せていたホンダPUへの変更を発表。
開幕戦での3位表彰台に続いて、9戦目のオーストリアGPでマックス・フェルスタッペンが第四期での初優勝(2006年以来、13年振りの優勝)を果たす。
HONDA F1
※HONDA F1の主な歴代優勝マシーンの数々!

いくらエンジンパワーがあっても、シャシーの設計がよくなければそれを路面に上手く伝えられないため、チームとサプライヤとの協力・信頼関係が一番大切なのがレース車両制作の常。
7/28のドイツGPでもマシンの仕上がりとピットワークの良さであわやワン・ツーフィニッシュかというレースを見せ、フェルスタッペンが2勝目を挙げたレッドブル・ホンダ。この勢いで後半戦の快進撃に期待したいところです。

ル・マンとF-1というカテゴリーの異なるレースですが、ともに日本の技術力を世界にアピールしてグローバルな販売に繋げるために闘う大事な場です。トヨタとホンダの今後の奮闘に期待したいですね!

そして、インディ500は既に佐藤琢磨が2017年に制しているため、世界三大レースとして日本人が制していないのはF-1のモナコGPだけとなりました。
モナコGPといえば1992年のセナとマンセルの一騎打ちが忘れられないレースですが、あんな熱い走りをしてくれる日本人ドライバーの参戦を願ってやみません。(モナコGPの日本人歴代最高位は、2011年にザウバーで参戦した小林可夢偉の5位)
頑張れ、ニッポン!!
monako1.jpg
※マクラーレン・ホンダのセナとウィリアムズ・ルノーのマンセルのラスト3週、テールトゥノーズの激闘!戦い終わって…


【2019年 上半期スポーツニュースまとめ ① 】 プロ野球・ゴルフ・競馬編はこちら
【2019年 上半期スポーツニュースまとめ ② 】 サッカー編にはこちら


☟スポーツ、映画、アニメ、ドラマ、音楽を楽しむなら、断然お得なスカパーがおすすめ☆



☟車・バイクをカスタムするならこちら☆



☟車のヘッドライトが黄ばんできたらクリーニングしてみてはいかが?☆



☟自動車保険を比較して一番安い保険会社に変更しよう!同条件なのに2~3万円も違うことも!?「車検証」「任意保険内容(証券)」「免許証」「走行距離」を手元に用意すれば、簡単に一斉見積もりが可能です☆



☟ こちらもクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

日々の出来事ランキング


2019-07-21(Sun)

【2019年 上半期スポーツニュースまとめ ② 】 女子サッカーはフランス・ワールドカップ! 男子サッカーはコパ・アメリカに参戦!

先日の上半期まとめ①に続いて、今回はサッカー界を振り返ってみたいと思います。

まず、6月から開催されていた女子のワールドカップ・フランス大会は、アメリカの4回目の優勝で幕を閉じました。

日本は決勝トーナメント一回戦で敗退してしまいましたが、パスワークで圧倒しながら不運なハンドのPKを取られて敗れたオランダが結果的に準優勝だったこともあり、決して悲観するような内容でも無かったと思います。
しかし、球際の課題や決定力不足もあり、集大成であるはずの本大会で結果を残せなかったことも事実(4試合で1勝)です。

今大会の”なでしこジャパン”は、司令塔の阪口夢穂と球際に強い宇津木というボランチコンビを怪我で使えなかったのがそもそもの誤算で、若い杉田と三浦の中盤も頑張っていましたが、強豪イングランド戦では2失点とも流れの中でスルーパスを中盤からDFラインの裏へ通されたものでした。
バイタルエリアのケアとセンターバック間の連携も含め、ここらへんは明確な改善ポイントかと思われます。

攻撃陣に関していえば岩淵真奈の技術、長谷川唯の突破力や籾木結花の才能など見るべきシーンも多かった今大会。
ここ数年は世代交代の狭間で苦しんできた時期であり、今回経験を積んだ選手たちが成熟するのは4年後のワールドカップだろうとは思いますが、なんといっても来年には東京オリンピックが控えています。
なで1
※スルーパスの出し手(岩淵)と受け手(長谷川)の意識がぴったり合ったオランダ戦の得点シーン!

高倉監督の進退について批判的な論調も見受けられますが、オリンピックまでの期間を考えれば監督交代でチームをリセットして一から作り直している時間はありません。
この大会で得た課題と経験を活かして、東京オリンピックでのメダルに期待したいところです。


また、同じ時期ですが一足遅れて男子の代表は国内組中心でコパ・アメリカに参戦しました。
コパはいわゆる「南米選手権」であり、他大陸の国は本来お呼びでないのですが、毎年この大会は招待国が参戦しており、今年は日本とカタール代表がゲスト国として出場しました。

招待国である日本は国際Aマッチデーに該当しないので、当然のことながら所属クラブは代表選手を派遣する必要が無いため、せっかく南米の強豪国と戦える貴重な舞台ですが、日本は国内組みの若手中心メンバーで臨むことになりました。
(ベストメンバーでないことに対する現地メディアの批判的な論調もありました)

しかし、若手とは言っても現代表で既に不動のアタッカーとしての地位を確立している24歳の中島翔に加え、先日レアルへの移籍が決定した18歳の久保建やバルサへの移籍が決定した20歳の安部裕、そしてディフェンダーの身ながらセリエA移籍が決まった冨安など、次のワールドカップではバリバリの主力になっているであろう逸材達が、本気の南米勢と対戦できたことは日本サッカー界にとってはこの上ない経験だったと思います。

初戦のチリ代表はバルセロナの心臓ともいえるビダルを中心に据え、この大会を2連覇している強豪国。
日本も中島や久保らのテクニック面では見劣りしなかったものの、要所でのデュエルとサイド攻撃に圧倒され、0-4で完敗。
特に1点目は日本代表の積年の課題であるセットプレーから失点しており、数的有利にも関わらず曖昧なマークの付き方で相手をフリーにして叩きこまれるという、もう何十年も同じような光景での失点の仕方が非常に気になりました。
チリ戦
※チリ戦の右コーナーキックからの失点シーン。日本は3人も多くいるのに何故相手選手がフリーになってしまうのか?

次戦のウルグアイもスアレスとカバーニという世界的コンビを抱える強豪ですが、開き直って闘志を見せた日本が三好の2発で引き分けるという健闘を見せました。(カバーニの狡猾なプレーでPKを取られて大金星は逃しましたが)

ただし、本来カウンター攻撃が主体のウルグアイ相手に日本のボールポゼッションが33%しか無かったという現実も残ります。
ウルグアイの方が7割近くボールを保持しているということは、いかに日本がボールを獲れず繋げなかったかということなのですが、日本の1得点目は柴崎→三好へのカウンターで取っているので、これがポゼッションをある程度放棄してカウンターで仕留めるというプランどおりだったのであれば、そのカウンターに頼らずサイドバックの攻撃参加を活かして奪った2点目の内容も合わせて十分に評価される内容だったといえるでしょう。

1勝1敗で迎え、勝てば決勝トーナメント進出だったエクアドル戦は前半、相手の前からのプレスに最終ラインとボランチが手こずりました。後半は何度か決定機が有ったものの決められず、結局1-1の引き分けに終わり予選敗退。
もう少し早く快足FWの前田大然を投入していれば、相手の止まった脚には効いていたかもしれませんね。

惜しくも決勝トーナメント進出はなりませんでしたが、本気の南米勢と若い有望なメンバーが対等にやりあえたという貴重な経験は、来年の東京オリンピックや次のワールドカップ・カタール大会に向けての糧になるはずです。
可能であれば毎回この大会に出られるように協会には尽力してもらいたい。それほど有意義な大会でありました。

なお、コパ決勝戦はブラジルVSペルー
パワーディフェンスをウリとするチームに変貌したペルーと、開催国であるブラジルとの一戦となりましたが、ガブリエル・ジェズスやコウチーニョらの攻撃陣がペルーの守備網を切り裂く活躍を見せ、ブラジルが3-1で優勝しました。

エースのネイマールが不在だった今大会のブラジル代表ですが、イニエスタやシャビの後継者と言われる若き天才司令塔のアルトゥールと潰し屋カゼミーロの中盤コンビがかなり効いている印象を持ちました。
これで王国復活となったのか、次のワールドカップが楽しみですね!

【2019年 上半期スポーツニュースまとめ ① 】 プロ野球・ゴルフ・競馬編はこちら
【2019年 上半期スポーツニュースまとめ ③ 】 ル・マン、F-1のモータースポーツ編はこちら


☟スポーツ、映画、アニメ、ドラマ、音楽を楽しむなら、断然お得なスカパーがおすすめ☆


☟こちらもクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

サッカーランキング


2019-07-17(Wed)

【2019年 上半期スポーツニュースまとめ ① 】 プロ野球前半戦の総括。大谷翔平の成績、復活の石川遼、キングカメハメハが種牡馬引退 etc.

今年も7月に突入し、はや半年が過ぎました。

プロ野球は交流戦後の日程を消化してオールスター休みに入り、リーグ戦は中断。
そのオールスターでは、大腸癌から復帰した原口選手が見事にホームランを打ったり、ルーキーの近本選手がサイクル安打を達成するなど、地元開催である阪神勢の活躍が光ってセ・リーグが3年振りに勝利というニュースも有り、盛り上がりました。

さて、前半戦を振り返ってみたいと思いますが、交流戦前までは頭ひとつ抜け出していた広島と楽天が失速し、巨人とソフトバンクにそれぞれ首位の座を明け渡してしまいました。
広島の不調は特に重症で、交流戦をまさかの最下位で終え、そのまま20年振りの11連敗を喫して前半戦を終了。
巨人は交流戦明けも好調を維持し、そのまま2位以下に9.5ゲームの大差を付けて独走態勢。ソフトバンクも7ゲーム差を付けています。 (※オールスター前時点)
このままではセ・パ両リーグともペナントレースの火が早くも消えてしまいそうな状況であるため、他の10球団は後半戦に意地を見せて首位叩きをしてほしいところです。

それにしても今年のプロ野球は大型連敗が多いシーズンという印象があります。
4月のDeNAの10連敗をはじめ、ヤクルトの16連敗、楽天の10連敗、そして広島の11連敗と、一度負けだすと止まらないケースが多々見受けられます。 これは昨今、各チームに絶対的なエースが少なくなってきたことが要因のひとつだとは思いますが、その分 リリーフ陣を整備して粘り強く、ひとつでも多くの勝ちを拾っていけるチームが上位に残りそうです。

広島は丸が抜けた影響が大きいと言われていますが、開幕直後にもたつきながら、5月には月間20勝して交流戦前に4ゲーム差を付けて首位に立っていたわけですから、丸一人いる・いないで浮き沈みをしているわけではないと思います。
未だ打率1割台と極度の不振を抜け出せないトップバッター田中広輔の不調と、中崎や一岡をはじめとする中継ぎ・抑えの離脱でチーム状態が崩れてしまった感がありますが、彼らが復調すれば地力はあるため、後半戦に巻き返せるか注目ですね。
楽天の則本や中日の松坂の復帰、DeNAの4番筒香の2番起用など、後半戦も話題の多いプロ野球に注目です!


一方、メジャーリーグで活躍中の大谷翔平は打率.303、14本塁打、38打点で前半戦を終了
肘の治療により一か月遅れで開幕したことを考えれば、十分な内容だったと言えるでしょう。
オールスター出場も期待されましたが、DH部門で選出された選手が大谷以上の成績を収めているため致し方ないところです。
打率と本塁打数は遜色ないのですが、やはり出場数が少ないことで打点の数に差があるのがマイナスだったと思われます。
オールスターではヤンキースの田中将が出場して1イニングを無失点に抑え、勝ち投手になるというニュースも有りました。
二人の後半戦の活躍、そして来年以降のオールスター出場にも期待したいですね!

丸ポーズ


また、ゴルフでは7/11の日本プロゴルフ選手権で、石川遼が実におよそ3年ぶりという復活の優勝を飾りました! (遼くんも、もう27歳なんですね~)
世界のゴルフシーンでは4/14に42歳のタイガー・ウッズが14年ぶりにマスターズで奇跡的な復活勝利を遂げましたが、どのスポーツでも怪我をするとそこを庇ったり、加齢によって思いどおりの動作が出来なくなったりして、スランプになるケースは良くあることですよね。💦
ゴルフは特にショットの際に精密機械のような動きが要求されるスポーツなので、故障でそういうスイングが出来なくなるというのがスランプが長引く理由ではないかと思います。
特にタイガー・ウッズや石川遼のようにドライバーショットを豪快に振っていくタイプの選手はフルモデルチェンジのようにフォームを一から作り直す作業をしないといけないわけで、相応の時間を要するのではないでしょうか?
何年掛かっても諦めずに練習を重ねて復活を遂げた彼らに対して尊敬の念に堪えません。
ウイニングパットを決めた時の勝利のガッツポーズは感動的でしたね、おめでとうございます。


競馬界では上半期のラストを締めくくるG1の宝塚記念が行われ、ダミアン・レーン騎乗の紅一点リスグラシューが好スタートから2番手でレースを進め、キセキ以下11頭の男馬を蹴散らして優勝するという衝撃のレース内容で幕を閉じました。
パワーのいる馬場と言われる阪神コースでこの強さ。この馬も凱旋門賞に挑んでもらいたい一頭です。

また、同時にキングカメハメハが体調不良により種牡馬を引退するとの残念なニュースも入ってきました。
現役時代の2004年にNHKマイルと日本ダービーの変則2冠を史上初めて達成したキンカメですが、種牡馬となってからも父がミスプロ系のキングマンボで母がノーザンダンサー系の血統であるため、サンデーサイレンス系が繁栄している日本の交配事情において群を抜いた存在価値を示しており、まさに馬産地も含めた日本競馬界全体の功労馬といえる存在でした。
既に息子のロードカナロアやルーラーシップという優秀な後継種牡馬がおり、ドゥラメンテや現役のレイデオロも控えているので、キンカメ系のサイアーラインはしっかりと日本で繁栄していくことでしょう。
現役引退後は毎年200頭を超える種付けをこなして来たわけで、今後はゆっくり余生を過ごしてもらいたいですよね。

【2019年 上半期スポーツニュースまとめ ② 】 サッカー編はこちら


VIVA!横浜DeNAベイスターズ🌟


☟スポーツ、映画、アニメ、ドラマ、音楽を楽しむなら、断然お得なスカパーがおすすめ☆


☟こちらもクリックして応援してもらえると嬉しいです☆

横浜DeNAベイスターズランキング


2019-07-03(Wed)

横浜・赤レンガでのカレーフェス(CURRY&MUSIC JAPAN 2019)に行ってきました🍛

6月29~30日の土日に、横浜の赤レンガ倉庫にて2019 カレーフェスが開催されましたので、実際に行ってみた感想をレポートしてみたいと思います。
(金曜15時からのプレオープンはライブやグッズ販売は無し。参加アーティストは開催日前日時点の情報です)

カレーフェスHP
<CURRY&MUSIC JAPAN 2019 公式HPより抜粋>

赤レンガは横浜の”みなとみらい”地区にある有名な観光およびデートスポットのひとつで、時期ごとにビールやパン、特産物などいろんなフェスやイベントを開催しているのですが、今回はわたしの記憶にある限りでは初めてのカレーフェスということで とても楽しみにしていました!
当日はフードコートに15店舗が出店、ライブ会場には二日間で16組のアーティストが参加して開催されました。

しかし、梅雨の季節であいにくの天候により、両日とも小雨の中での開催でしたが、この時期にやるということは、雨の可能性が低くないことは当然、主催者側も想定していたはずで、その割には雨天対策という点でいくつか疑問が残りました。

まず入場料ですが、会場の入口で フードのみなら300円、ライブ参加込みだと4300円のチケット購入が必要となります。
(特設のライブ会場はフードコートからは見えません。隣接されているため音は聞こえてきますが・・・)
なお、コンビニやチケットぴあで前売券も販売されていたようですが、屋外ライブで立ち見のみ返金不可という内容なので、梅雨時期だと かなり贔屓のアーティストさんが出演していない限りは気合の入ったファンでないとちょっと前売券は買いづらいなぁというのが率直な感想でした。
メジャーなところではサンプラザ中野さん、真心ブラザーズ、PUFFYのほか、トークショーに竹中直人さんらが出演されていたようですね。

カレーフェスAT1
カレーフェスTT


そして、肝心のフードコートは、一応 屋根付きの長椅子のスペースが2カ所あったものの、会場の大半は屋根なしで雨ざらし状態なので、入場料を払ってフードコートに入ったものの、雨に打たれながら座ってカレーを食べるわけにもいかず困っているお客さんもけっこう見受けられました。(屋根付きスペースが満員のため、そもそも入場されない方もけっこういました)

ビールやパンとは違い、さすがにカレーだと雨中での食事は無理があるため、来年以降もこの時期にカレーフェスを開催するのであれば、この部分は要改善だと思います!
カレーの出店が並んで音楽も楽しめ、フェスとしての雰囲気は凄く良いため、地元・横浜とカレーを愛する一市民としては、もう少し「お客さまの立場に添った設営」をしてもらえれば、素晴らしいイベントとして定着するのではないかと思いました。

さて、カレーの食べ方ですが、各店舗は基本的に「ルーのみの値段設定」をしています。
その上で、いくつかの店舗はナンとのセット価格や十穀米とのセット、カレーうどんとしての値段というように、”セット価格”を設定をしている店舗もありました。

もちろん気に入った一店舗のカレーだけをセットで食べたいという方がいても全然おかしくはないのですが、せっかくカレーフェスに来たのだから複数のお店のカレーを食べ比べたい!という人が多数派かと思いますので、そういった人達用に入口を入って最初の角の通路で「ライス付き専用プレート(¥300)」が用意されていました。
これを購入すれば2種類のルーを入れることが出来るので、二人で行けば少なくとも4店舗のカレーを楽しめるというわけです。

ただし、ご飯の量はそんなに多くないので、あまり食べない女性や年配の方は問題ありませんが、成人男性やワンパク少年だと正直なところ満腹感は微妙です。よって、次回からはプレートは大盛りも選べるようにしてくれると良いなと思いました。

2019カレーフェス


今回、友人と二人でとろとろ角煮カレー(角煮家)、比内鶏のもつと豆の薬膳カレー(RISE Cafe)、ささみ黒カレー(RISE Cafe)、ビーフ&マサラカレー(マサラカリーハウス英印堂)を注文しました。
どれもそれぞれ特徴があって美味しかったですが、角煮カレーは本当にとろけて絶品でしたね♪
サービスでウインナー付けてくれたお兄さん、ありがとう(笑)!!

当日、雨の中でよく確認できず、「なんか担々麺とかピンクのうどんが売ってる~」と思ったメニューもありましたが、帰って資料をよく見たら両方ともちゃんとカレーでした・・・(カレーフェスなんだから当たり前ですが)💦
あと、キュイエールさんのポークとズワイガニのキーマカレーが売り切れだったけど、食べてみたかったなぁ~
・・・などなど、まぁやり残したことは来年の楽しみに取っておこうと思います!(来年、あるのだろうか・・・)

カレー1

雨中の課題はあったものの、なんだかんだでカレー好きには楽しかったカレーフェス。
来年以降、もし行かれる予定の方は参考にして頂ければ幸いです。

以上、横浜・赤レンガのカレーフェスレポートでした~ばいばい


☟ レシピを投稿するとポイントが付きます。料理をするならこちら!



☟ 楽天デリバリーを利用してポイントを貯めよう!



☟ こちらもクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

日々の出来事ランキング


☆ ブログランキング参加中 ☆
皆さんの応援クリックが記事を更新するモチベーションです☆    (クリックは一日一回、可能です)
プロフィール

アキレスケンさん

Author:アキレスケンさん
好きな野球チーム:大洋ホエールズ(現・DeNAベイスターズ)♪
好きなサッカーチーム:ACミラン(選手はロナウジーニョ)♪
好きなお馬:トウカイテイオー♪
好きな自動車:JEEP♪
好きな食べ物:御寿司、納豆♪
好きな歌手:和楽器バンド♪
趣味:フットサル、サイクリング、ドライブ、映画鑑賞、作家活動。

このたび一念発起して絵本を出しました。「星のゆうびんやさん ハイタツマン」平和のヒーロー、ハイタツマンがいろんな願いを届けます。
応援よろしくお願いします☆

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ