2019-12-31(Tue)

【年末まとめ】 平成最後、そして令和元年だった今年もあとわずか・・・イチロー・しぶこ・ジャニーにタピオカからラグビーまで、2019年を振り返ります🌟

2019年は平成から令和へ
4月30日をもって平成が終了し、5月1日より令和元年となりました。

そんな今年も本日をもって終了。明日からは新年となりますね。
今一度、備忘の意味も込めて今年一年を振り返ってみたいと思います。

まず、昨夜発表された日本レコード大賞ですが、記念すべき令和元年の大賞曲はFoorinのパプリカでした✨
平均年齢11歳での受賞は史上最年少とのことです。

この曲は昨年、作詞・作曲者の米津玄師がNHK2020応援ソングプロジェクト(2020年以降の未来へ向けて頑張る人達を応援する企画。東京オリパラ組織委員会からも公認プログラムとして承認)として披露している曲ですが、その後オーディションでメンバーを募って翌年にレコ大を受賞するという珍しいケースとなりました。
紅白でもトップバッターを務めるということで、大晦日のお茶の間を笑顔にしてほしいですね。

さて、毎年恒例ですが、今年も12月20日に通販大手のユーキャンが「2019年に印象に残った出来事と、2020年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査」の結果を発表しています。
(元記事を読みたい方はこちらをクリック)

yk1.jpg
<ユーキャン公式HPより抜粋>


皆さんが気にしていたランキングは順当に入っていましたか?

個人的には日本郵政グループの3社長が辞任に追い込まれる事態となった「かんぽ生命保険の不正販売問題」(3月頃初報?)や、8月に若干20歳にして全英女子オープンでメジャー初優勝の快挙を成し遂げた女子ゴルフの渋野日向子久保建英のレアル・マドリード移籍、10月の世界遺産・首里城の焼失、11月の野球のWBSC(旧WBC)優勝といった歴史に残るであろう出来事がランク落ちしているのがいまいち釈然としませんが、その他は概ね納得のランキングではないかという感じはします。


特にラグビーのワールドカップ日本大会はかつてのスクールウォーズ以来のブーム(優勝は南アフリカ、日本はベスト8に躍進)となり、日本代表のスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が流行語大賞にも選ばれましたね。

プロ野球はソフトバンク、Jリーグは横浜Fマリノスがそれぞれチャンピオンに輝きました。

また、巨大台風と京アニ放火事件、吉本の闇営業の他にも、元KAT-TUEの田口淳之介や沢尻エリカといったアイドルや大物女優が逮捕された芸能人の薬物汚染問題、消費税の増税を敢行しておきながら反社が混入した花見に5200万円もの予算を計上するという「政治家による税金の私物化」や「カジノ誘致の賄賂で議員逮捕」といったいわゆる゛政治とカネの問題゛など、国民が憤りを感じる話題も多かったことは非常に残念でした。

話はそれますが、タピオカブームって今年でしたよね?もうすっかり話題にもならなくなってしまいましたが…
わたしも一度だけ飲んで(食べて?)みましたが、食感が面白いだけで特別リピートする気にはならず、それっきり💦
どちらかといえば、飲み切れずに所々にカップごと捨てられている状況を実際に見て悲しくなりましたね…いろんな意味で。


海外ではタイガー・ウッズの11年ぶりのメジャー復活優勝といった嬉しいニュースがあった半面、 3月のデモ勃発以降、死傷者も出てもはや内戦状態と化している香港デモの問題の情勢や、戦後最悪となった日韓対立、イギリスのEU離脱時期(来年1月)決定などの行方は今後も気になるところです。


◯ ランキング漏れ案件も追加した上で主な内容を月順に並べると以下のとおり。

1月:大阪なおみが全豪OP優勝、高齢ドライバーの踏み間違い事故多発、吉田沙保里引退
2月:レオパレスの違法建築発覚
3月:イチロー引退、かんぽ生命保険の不正販売問題発覚
4月:タイガー・ウッズがマスターズで11年ぶりのメジャー優勝、フランスパリのノートルダム大聖堂炎上
5月:令和への改元、日本ダービー史上最高配当(単勝オッズ93倍)で12番人気のロジャーバローズが優勝
6月:吉本芸人の闇営業問題発覚、八村塁がNBAドラフトで一巡目指名
7月:ジャニー喜多川さん死去、京アニ放火事件、ディープインパクト死去
8月:渋野日向子が全英女子オープンでメジャー初優勝、久保建英がレアル・マドリード移籍
9月:ラグビーW杯日本大会、巨大台風発生被害(千葉県などで大規模停電)
10月:消費税増税、世界遺産・首里城が焼失、吉野彰さんがリチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞
11月:野球のWBSC(旧WBC)で侍JAPANが優勝
12月:Foorinのパプリカが日本レコード大賞受賞

令和元年総集編
※令和元年の主役だった面々。


また、アニメでは鬼滅の刃、邦画では天気の子、洋画はJOKERなどがヒットして話題になりました。
kmy.jpg


世代ものとしてはONE PIECEと嵐が20周年。ジブリの初映画「魔女の宅急便」から30周年。ガンダムとキン肉マンが40周年。
そしてドラえもんが50周年を迎えました。ハローキティも45周年ということでガンダムとのコラボ作品を発表しましたね✨

※ドラえもん50周年を記念して発売された『0巻』ネタ。


そして、来年はなんといっても東京オリンピック/パラリンピック一色の年となります。

マラソンコースの変更などで始まる前から荒れてる感もありますが、どちらかといえば熱中症とテロ対策の方が心配ですね。
なんとか無事に開催~閉幕を迎えられるように、しっかり準備してもらいたいところです。

他には嵐が12月末をもって事実上の解散となるほか、夏には実物大ガンダムがいよいよ歩くというプロジェクトも横浜みなとみらい地区の山下公園にて予定されています。

新しい令和の時代も二年目。明るいニュースが多くなるよう願いたいですね。
それでは皆さん、よいお年を!!


※記事内容に誤記載などあればお気軽に指摘して頂けると助かります。


☟スポーツ、映画、アニメ、ドラマ、音楽を楽しむなら、断然お得なスカパーがおすすめ☆



☟映画、アニメ、ドラマを見放題で楽しむなら、U-NEXTがおすすめ!



☟ CD/DVDの購入を御検討中なら、Amazon内で最安値の商品を探せます!



☟ CD/DVDも楽天でお買い物される方はこちら!




☟こちらもクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

エンターテインメントランキング

2019-12-28(Sat)

令和元年もあと3日! 今年描いたイラストや作成した写真をまとめて公開✨

今日が過ぎれば今年もいよいよ残すところあと3日!

スポーツや食レポだけじゃなく、最後くらいはイラストの投稿もしなければ・・・
ということで、2019年に描いたイラストや作成した写真をまとめて公開したいと思います✨



2019絵
<2019年に投稿したハイタツマンとリキシワンのイラスト・写真>



クリボー
<クリスマスのトレンド入りワード「くりぼっち」を連想して拾い物画像を合成して作ったパロディ的なイメージキャラ。笑>




<来年から挑戦する予定の4コマまんがのプレ投稿>




<意外と好評!? リキシワンのLINEスタンプ>



これらは主にTwitterに投稿したものですが、来年は4コマまんが含めてもう少し点数を上げていこうかなと思っています。

絵本やLINEスタンプを購入して頂いた皆さま、ありがとうございました。

来年も一人でも多くの方にほっこりしてもらえるような、ゆる~いイラストを描いていこうと思いますので、引き続き応援して頂けると幸いです。


注:ハイタツマン関連の寄与につきましては、販売部数が確定する毎年5月初頭に行う予定です。🌎

ではでは、よいお年をお迎え下さい~🌟



☟ ディズニーファン必見! 全国アートコレクション展示会。絵画の購入も可能です♪



☟ 世界中の絵本を読みたい方、必見♪



☟ とってもオシャレな赤ちゃん用シューズ♪



☟ これが噂の寝かしつけイス。これで赤ちゃんもスヤスヤ~



☟こちらもクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

人気ブログランキング


2019-12-22(Sun)

令和元年の最後を締めくくる有馬記念! アーモンドアイは鉄板か?過去30年(平成元年~30年)を振り返る!

さて、今週22日の日曜日は師走のグランプリ・有馬記念

普段は競馬をやらない人も、日本ダービーと天皇賞、そして年末のビッグイベントであるこの有馬記念はテレビなどでも取り上げる機会が多いため、興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

am3.jpg
※JRA公式より第64回有馬記念ポスター。

昨年は平成最後のグランプリということで、障害王者のオジュウチョウサンが武豊騎手の騎乗で参戦して盛り上がりましたが、1番人気のレイデオロと2番人気のキセキはそろって3歳馬のブラストワンピースに敗れるという結果でした。

昨年の例にもれず荒れることも多い有馬記念ですが、データを見ても過去30年のうち1~2番人気で人気どおりに決着したケースはたったの5回しか有りません。
今年の1~2番人気が予想されるアーモンドアイとリスグラシューは果たして6例目となれるのでしょうか??

では、さっそく過去30年のレースを平成元年より振り返ってみましょう。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1989年:1番人気のオグリキャップが5着に沈み、ライバルのイナリワン(4番人気)とスーパークリークでの決着。
1990年:秋の連敗で終わったと思われたオグリが涙の復活Vで劇的に引退レースを飾る。2着はメジロライアン。
1991年:GⅢマイラークラスの14番人気ダイユウサクが、現役最強馬のメジロマックイーンを破る大金星!
1992年:前走でJCを制した圧倒的人気のトウカイテイオーが大敗し、メジロパーマーが逃げ切って大波乱
1993年:前年の有馬記念での大敗以来、骨折を克服して丸一年ぶりに出走したトウカイテイオーが奇跡の復活V

1994年:三冠馬ナリタブライアンと女傑ヒシアマゾンで3歳馬のワンツー。3歳や牝馬でも勝ち負けになると証明。
1995年:ブライアン、アマゾン、ジェニュインが揃って馬群に沈み、6番人気のマヤノトップガンが逃げ切り勝ち
1996年:トップガンは馬群に消えるもサクラローレルが1番人気に応える。2着は3番人気のマーベラスサンデー。
1997年:マーベラスとエアグルーヴの2強を負かしたのは、クラシックで善戦していた4番人気シルクジャスティス
1998年:セイウンスカイとエアグルーヴが飛んで、グラスワンダーが復活の勝利!2着は3番人気のメジロブライト。

1999年:グラス、スペシャル、オペラオーの歴史に残る壮絶な叩き合いを、グラスワンダーがハナ差で制する。
2000年:テイエムオペラオーが年間無敗、重賞7連勝、中長距離の古馬GⅠ完全制覇という不滅の偉業を達成。
2001年:オペラオーとメイショウドトウが揃って飛び、マンハッタンカフェとアメリカンボスで決着する大波乱
2002年:1番人気ファインモーションが飛んでシンボリクリスエスが優勝。2着に13番人気のタップダンスシチー。
2003年:JCを9馬身差で逃げ切ったタップが沈み、逆にクリスエスが9馬身差を付けて圧勝!2着はリンカーン。

2004年:ゼンノロブロイが有馬レコードを叩き出して秋のGⅠ三連勝締め。ペリエは有馬三連覇!2着はタップ。
2005年:圧倒的人気のディープインパクトをルメールのハーツクライが先行策で破る!ゼンノロブロイは大敗。
2006年:ディープインパクトがラストランを飾って優勝!2着にペリエ騎乗の6番人気ポップロックが飛び込む。
2007年:ウォッカやMサムソンなど人気馬総崩れとなり、9番人気マツリダゴッホとダイワスカーレットで万馬券
2008年:安勝のダイワスカーレットが人気に応えるも、2着に14番人気のアドマイヤモナークが突っ込み波乱

2009年:ドリームジャーニーとブエナビスタで堅い決着。 但し、3着は11番人気のエアシェイディ
2010年:ヴィクトワールピサとブエナビスタで堅い決着。 但し、3着は14番人気のトゥザグローリー
2011年:オルフェーブルが人気に応えるも、ブエナが飛んで2着はルメール騎乗の7番人気エイシンフラッシュ
2012年:内博騎乗のゴールドシップが人気に応えるも、2着にはルメール騎乗の10番人気オーシャンブルー
2013年:凱旋門賞帰りのオルフェーブルが8馬身差の圧勝で有終の美。2着は4番人気のウインバリアシオン。

2014年:ゴルシ、ジャスタウェイ、エピファネイアが踏ん張れず、ジェンティル復活と伏兵トゥザワールドで波乱
2015年:ゴルシ以下惨敗、キタサンも3着まで。8番人気のゴールドアクターとサウンズオブアースで大波乱!!
2016年:ルメール騎乗のサトノダイヤモンドがキタサンブラックを抑えて優勝し、堅い決着。
2017年:キタサンブラックが人気に応え有終の美。但し、2着にはルメール騎乗の8番人気クイーンズリング
2018年:1,2番人気のレイデオロとキセキはそれぞれ2,5着まで。勝ったのはクラシック善戦マンの3歳馬ブラストワンピース

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


いかがでしたか?
実力馬が有終の美を飾ることも多いですが、歴史的名馬でも人気に応えられなかったり、2~3着に10番人気以下の穴馬が突っ込んでくるケースも多いのが有馬記念の特徴と言えるかと思います。

その理由は小回りで直線が短いのに急坂が有るという非常にトリッキーな中山2500mコースの特長により、展開次第でマイラーでもステイヤーでも先行馬でも差し馬でも来てしまう点にあります。

また、シーズン最後のレースということもあり、連戦の疲労の蓄積で人気馬が馬券圏外に飛んでしまうケースが多々あることも荒れる一因と言えるでしょう。
昨年のキセキも調教は良かったものの、秋天とJCの激走による見えない疲れにより、最後の踏ん張りが効きませんでしたね。

そんな時、外国人ジョッキーの乗る穴馬は怖い存在となりますが、今年は有馬記念を大の得意としているルメール騎手が一番人気の「絶対女王」アーモンドアイに乗ります。
アーモンドアイがディープインパクトやオルフェーヴルらと並んで他のGⅠ馬が束になっても敵わない歴代最強クラスであることはもはや疑う余地はありませんが、そのディープインパクトでさえも負けてしまうことがあるのが有馬記念の怖さです。

熱発により香港遠征を回避し、その後の調整についても慎重で出走判断が直前になったことも一抹の不安として残ります。
これだけの馬で1番人気の責任もあるので、出してくる以上は仕上がっているとは思いますが…。

対抗の一番手は宝塚記念でキセキやスワーヴリチャード、レイデオロらに影も踏ませなかったリスグラシュー。
豪州遠征帰りとなりますが、この馬が実力を発揮できる仕上がりならアーモンドアイにとって過去最大の強敵となるでしょう。

なにせリスグラシューは宝塚記念で歴戦の男馬相手に圧勝した際、ゴール板を過ぎてもなお伸び続けて後続の馬たちを更に10馬身近くぶっちぎったという逸話があるくらい他のGⅠ馬とはモノが違います。(逸話なので多少膨張が入ってます!笑)
惜しくも年内での引退が決まっていますが、この馬も『怪物の領域』に入ってきたと見てよいでしょう。
父ハーツクライは有馬記念でディープインパクトに土を付けた存在なので、舞台(コース適正)はもってこいのはずです。
大物キラーの血が騒いで歴史は繰り返すのか?要注目ですね。

有馬での好成績が多い3歳勢からは皐月賞馬サートゥルナーリアと菊花賞馬ワールドプレミアとヴェロックスの三頭が参戦。

サートゥルは前走の天皇賞では直前のイレ込みによって終始力んでのレースとなってしまい6着に惨敗しましたが、中山競馬場はGⅠを既に2勝(ホープフルSと皐月賞)している得意のコースなので、巻き返しの可能性は十分あります。
人気が落ちるようならここは狙い目かもしれません。
ただ、この馬はパドックでは大丈夫でも本場馬入場後の返し馬や輪乗りで入れ込むケースがあるため、この馬の馬券を買うか否かは文字通りギャンブルとなるでしょう。

一方、菊花賞馬は過去にナリタブライアン・マヤノトップガン・マンハッタンカフェ・オルフェーヴル・ゴールドシップ・サトノダイヤモンドが勢いに乗ってそのまま有馬も制しており、今年の菊花賞を勝ったワールドプレミアもチャンスは十分です。
7月に急逝した偉大な父ディープインパクトのためにも、主戦だった武豊騎手と共に勝利して良い報告を届けたいところです。

また、シルクジャスティスやブラストワンピースのような゛クラシック善戦ホースの大掛け゛にも注意が必要です。
今年の善戦マンはヴェロックス。秋3戦目で調教も抜群だったようです。菊花賞からの距離短縮も血統的に好材料でしょう。

雨でチカラのいる重馬場となった前走のJCを快勝したスワーヴリチャードは、レース間隔が詰まっていて直前の調教が非常に軽めだったため、当日の馬体重とパドックでの出来を確認する必要があります。
また、凱旋門賞帰りの実力馬フィエールマンとキセキも仕上がってさえいれば巻き返すチャンスは十分あります。
過去には宝塚とJCを勝ったタップダンスシチーが凱旋門賞17着のあと見事に巻き返して好走しているように、凱旋門賞の成績は度外視してよいかと思います。世界最高峰のレースに挑戦するほどの実力馬なので、問題は仕上がっているか否かの一点です。
(ちなみにフィエールマンの調教は抜群だったようです。)

有馬記念は歴史に残るスターホースが負けてしまうケースも多々ありましたが、逆にピークを過ぎたと言われた実力馬が復活を果たしてきた舞台でもあります。
秋天6着→JC11着から蘇って引退レースを飾ったオグリキャップや、骨折を克服して丸一年ぶりの出走でミラクルを起こしたトウカイテイオーの復活劇は有名ですが、他にもGⅡを5着→6着で早熟馬のレッテルを貼られたグラスワンダーの復活などもありました。
今年はピーク落ちと言われてノーマークになっているレイデオロやシュヴァルグランの復活はあるのでしょうか?
特に、レイデオロは前走の結果(苦手な重馬場で大敗)は度外視で良いため、良馬場で行われるなら注意が必要かと思います。

また、荒れる時は6~15番人気の馬も平気で突っ込んでくるのが有馬記念です。
14番人気だったダイユウサクや10番人気オーシャンブルー、8番人気ゴールドアクターのように、前走で勝っていても地味で人気にならなかった馬も数頭いますが、その他は前走大敗という馬達が3着以内に来ています。

例えば、15番人気のメジロパーマーの前走は秋天17着、9番人気マツリダゴッホの前走も秋天15着からの優勝でした。
また、13番人気アメリカンボスは8→11→10着、同じく13番人気だったタップダンスシチーはGⅢで5着、14番人気アドマイヤモナークは2→12→12着、11番人気エアシェイディはJC5着、14番人気トゥザグローリーはJC11着、7番人気エイシンフラッシュはJC8着、9番人気トゥザワールドは菊花賞16着、クイーンズリングに至ってはシーズン全敗(15→6→4→4→7着)からの入線です。

有馬記念は調子重視で前走の成績は関係ない」「中山巧者の大掛けに注意」というのが穴狙いのポイントでしょう。
今年のメンバーで前走惨敗している中山巧者と言えそうな馬は、オールカマーを勝っているスティッフェリオと皐月賞馬のアルアインですかね。
前走天皇賞で3着に逃げ粘ったアエロリットと、エリザベス女王杯で2着に粘ったクロコスミアも含めて前残りが怖い存在です。
前走エリ女で外を回され前残りの展開で7着だったスカーレットカラーも、良い枠を引いたので穴党には気になる一頭です。

この一年、競馬界を盛り上げてきたスターホース達の夢の競演である゛ドリームレース゛有馬記念。
GⅠ馬が11頭という豪華メンバーとなりました。

今回の有馬記念は歴史的名牝であるアーモンドアイとリスグラシューが人気になると思いますが、仮にこの二頭を買う場合は配当がつかないため、3連単などで3着の馬にどれを選ぶかがポイントとなるでしょう。
もしくは思い切ってアーモンドとリスグラのどちらかを切ったり、サートゥルやヴェロックスあたりを軸に人気薄に流して万馬券を狙うという手もあります。
゛馬券の買い方゛も問われるレースとなりそうですね。

競馬初心者の方は好きな馬の応援馬券を買ったり、ラッキーナンバーでワイドを購入しても面白いかもしれませんね。🎵
令和になって最初の夢舞台、第64回有馬記念をみんなで楽しみましょう!


am5.jpg
※土曜時点でのオッズ表。(Sportsnaviより)


☟スポーツ、映画、アニメ、ドラマ、音楽を楽しむなら、断然お得なスカパーがおすすめ☆


☟こちらもクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

スポーツランキング

2019-12-10(Tue)

【ニュース】 2019年11月30日、相鉄線とJR線の相互直通運転が開始!! 🚃&🚃

神奈川県の中央を横断する横浜⇔海老名間を通る相模鉄道(通称:相鉄線)は、私鉄の中では大手なので一応メジャーな部類なのですが、これまで東京に出るには一旦横浜駅に出てからJR等に乗り換えるしか手が有りませんでした。

当然、横浜駅のラッシュ時の混雑は半端ではなく、JRの改札までけっこう距離があって歩くため、乗り換えがすこぶる面倒…。
これを改善するための都心への直通路線の開通は、沿線地域と相鉄グループにとって悲願のプロジェクトでした。

そして…相鉄・JR直通線が、令和元年の11月についに開通しました!!
切手やクリアファイルなど記念品も発売🌟

12000系開通




一方、分岐点が西谷になるという情報が数年前に入った時点から、これまでは急行だと二俣川からノンストップで横浜まで行けていたものが、そのあと西谷や鶴ヶ峰にも停車するとのことで、横浜方面に通勤する人達はデメリットを懸念していました。

果たして今回のフルモデルチェンジともいえる大規模な白紙ダイヤ改正により、メリットとデメリットはどうなのか?
開通から一週間を経たので、ざっとおさらいしてみたいと思います。

line_1575099456624.jpg
※相鉄線にJR車両の姿! / 新宿行きの新型車両「相鉄・12000系」


まず、通勤ラッシュ時間帯の急行が減った瀬谷駅と三ツ境駅が割を食い、大幅な時短が可能となった西谷駅と鶴ヶ峰駅が勝ち組と言われています。

時刻表を見ると「通勤特急」「通勤急行」は西谷と鶴ヶ峰にも止まりますが、通常の急行では横浜までノンストップでの到達を踏襲しておりラッシュ時は概ね5~10分間隔で流れていることから、一見するとなんとか我慢できる範囲に抑えられている感じはしますが、いちいち普通の急行だけ狙って乗るわけにもいかないし日々のストレスが増えたと言う声は多いようです。

IMG_20191204_071456.jpg
※全面ダイヤ改正後の相鉄線の時刻表


また、JRの遅延が頻繁に発生して復旧までの時間が長いというのは周知の事実であるため、そのとばっちりで相鉄の遅延に繋がるのではないかという懸念もありますが、そこら辺のリカバリーがスムーズに行くのかどうかもまだ分かりません。

しかしながら、神奈川県の中央を横断する相鉄線の沿線地域の人口は減り続けており、横浜駅の乗車人員自体も10年間で7%以上も減っているとのデータ(国自体が少子化なので当然と言えば当然ですが…)もあることから、このまま沿線全体の過疎が進むよりは、通勤ラッシュ時に多少の不便を強いられても東京直通のメリット(西谷を中心とした新規開拓や東京への直通での利便性向上による相鉄沿線の繁栄)を取るしかないとの判断はやむを得ないとも思いますし、新宿や渋谷に乗り換えなしで行けるのは、公私ともにメリットになるシチュエーションが増えるのも事実です。


※相鉄グループ公式YouTubeより。二俣川→新宿の44分間の運行の様子が「4分」で見れます。爽快!


慣れもあるとは思いますし、もう大まかな部分は元に戻すことは出来ませんので前に進むしかありませんが、海老名行きの下り車線やラッシュ時間帯以外での不満も含め、数カ月乗ってみて「どうしてもここが我慢できない」といった声が多数ある部分は相鉄側も受け止めて改善して頂ければと思います。
(コメント欄にてご意見募集中☆)

『令和』元年に新しくリニューアルした相鉄線!これからの発展に期待したいですね!


☟通勤に快適な不動産をお探しの方はこちらがおすすめ!



☟ 鉄道や相鉄JR直通記念グッズ購入を御検討中なら、Amazon内で最安値の商品を探せます!



☟ 鉄道や相鉄JR直通記念グッズも楽天でお買い物される方はこちら!



☟映画、アニメ、ドラマを見放題で楽しむなら、U-NEXTがおすすめ!



☟ こちらもクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

日々の出来事ランキング


2019-12-01(Sun)

【食レポ】 コンビニ各社の肉まん食べ比べ! 至極の逸品はどれだ!?✨

先日、中華街の食べ歩きレポートを公開しましたが、その中で昨今のコンビニの肉まんのレベルが高いことに触れました。
そこで、今回はコンビニ各社の肉まんについて具体的にレポートしてみようと思います。

セブン、ファミマ、ローソンの大手三社は昔から肉まんなどをレジ前のケースで販売していますが、コンビニの肉まんは季節ものの商品であるため、概ね8月末以降から販売されます。
毎年改良が重ねられ、生地もモチモチで餡も美味しく、今やコンビニの肉まんは中華料理店も真っ青なレベルと言っても良いでしょう!

各社とも「値段が高いプレミアム肉まん」と「値段の安い通常の肉まん」を用意していますが、具材の多少の違いはあれ、高い方は概ねサイズが大きくなっているものと考えてよいと思います。
それぞれの肉まんの特徴を簡単にまとめると以下のとおりです。


◯セブンイレブン:特製豚まん180円、ジューシー肉まん120円
  ・・・新宿中村屋の監修・製造により、タケノコやシイタケも入って黒コショウが効いたパンチのある味付け。
セブン高安
※特製豚まんは鶏肉まで入ってワンランク上の味わい。 (近畿地方だけは鶏肉を使用しない168円のオリジナル特製品)


◯ファミリーマート:極旨黒豚まん184円、本格肉まん121円
  ・・・井村屋が制作。極旨黒豚まんは淡路島産玉ねぎと鹿児島県産黒豚100%によるジューシーでボリューミーな肉まん。
ファミマ高安
※ファミマの生地がもちもちして美味しいのは有名。他社の生地も追随してきているが、豚バラを使って121円の肉まんと黒豚使用で184円という餡の出来も素晴らしい。


◯ローソン:特肉まん183円、ジューシー肉まん121円
  ・・・肩ロースや腕肉など数種類の部位の豚肉で作られた餡は、三社の中では一番オーソドックスだが高バランス。
ローソン高安
※味付けは中華街風でオーソドックス。184円の特肉まんの方はバラ肉が追加されて旨味が上がっている。



肉まんに限らず料理の味については個人の好みに左右されるため、どれが上だ下だという話ではないのですが、一番オーソドックスと書いたローソンの肉まんでも中華街の有名店と比較して遜色ないレベルです。

値段的に見ても、中華街や本格中華料理店で肉まんを購入すると概ね400~500円、安くても250~300円の値段であることを考えると、それと同レベルの肉まんが100~200円ほどで買えるコンビニ肉まんのコスパがいかに高いか分かると思います。

また、コンビニでは肉まんの他にもピザまんやカレーまんなどバラエティに富んだ肉まんも用意されており、好みの一品を探してみるのもよいでしょう。

個人的にはファミマのチーズ肉まんが至極の逸品だと思っていまして、ジューシーな豚肉とトロトロのチーズが絡み合って本当に最高です!✨

ファミマチーズとセブンチーズ
※伸び~るチーズをふんだんに盛り込んで造られたファミマのチーズ肉まん(149円)と、モッツアレラ・ゴーダ・パルメザンの三種のチーズを適量に使って大人の味に仕上げたセブンの3種のチーズ肉まん(120円)…両社のコンセプトの違いも面白い。


なお、コンビニ商品ではありませんが、PAOPAOの肉まんは肉汁が溢れ出すくらいジューシーで、コンビニ肉まんを凌駕するくらい美味しいです。値段は200円。
デパ地下や駅ナカに店舗があることから、コンビニほどいつでも気軽に購入できるわけではありませんが、知る人ぞ知るという商品といった感じで、けっこう世間にも浸透しつつありますね。
最近はブログやSNS等で、関西地区で有名な「551蓬莱」の肉まんと匹敵するかそれ以上との情報もよく目にします。

ここでは大葉(シソ)入りで人気の餃子のほか、和豚・黒豚・エビ・ホタテの4種のシウマイも売っていますが、中華街で売られてるくらいサイズが大きくて美味しいです。8個セットが800円、12個で1160円。
通勤経路の駅ナカに店舗がある方は本格点心が格安で食せて非常にラッキーなので、覚えておいて損はないと思いますよ。

paopaoSNS.jpg



有名店の監修・製造により、本格中華並みの肉まんが近所で100円で味わえる昨今のコンビニ肉まん!
こういう商品を見ると、日本の製造技術力や生活環境って素晴らしいな~とあらためて思いますよね。

皆さんも、ぜひ好みの肉まんを探してみて下さいね~ばいばい



☟ レシピを投稿するとポイントが付きます。料理をするならこちら!



☟ 楽天デリバリーを利用してポイントを貯めよう!



☟ 冷凍肉まんの通販購入を御検討中なら、Amazon内で最安値の商品を探せます!



☟ 冷凍肉まんの通販も楽天でお買い物される方はこちら!



☟ こちらもクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

日々の出来事ランキング


☆ ブログランキング参加中 ☆
皆さんの応援クリックが記事を更新するモチベーションです☆    (クリックは一日一回、可能です)
プロフィール

アキレスケンさん

Author:アキレスケンさん
好きな野球チーム:大洋ホエールズ(現・DeNAベイスターズ)♪
好きなサッカーチーム:ACミラン(選手はロナウジーニョ)♪
好きなお馬:トウカイテイオー♪
好きな自動車:JEEP♪
好きな食べ物:御寿司、納豆♪
好きな歌手:和楽器バンド♪
趣味:フットサル、サイクリング、ドライブ、映画鑑賞、イラスト。

このたび一念発起して絵本を出しました。「星のゆうびんやさん ハイタツマン」平和のヒーロー、ハイタツマンがいろんな願いを届けます。
応援よろしくお願いします☆

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ