2018-07-15(Sun)

今大会を盛り上げたベルギーが見事3位!未完のイングランドとともに次のカタール大会でも期待大。

ワールドカップ3位決定戦はベルギーVSイングランド。今大会屈指のタレントを擁して大会を盛り上げたベルギーと、エースのハリー・ケインを中心にセットプレーに無類の強さを発揮したサッカーの母国イングランドの対戦となりました。
毎回、堅い展開に終始する決勝戦に比べて、面白い展開になるケースが多い三決ですが、最後までセットプレー頼み (今大会12点中9点がセットプレー絡み)だったイングランドに対し、高い個人技と鋭い速攻を兼ねそろえた攻撃で2点を奪ったベルギーが快勝!見事ベルギー史上最高の3位に輝きました。
https://tver.jp/corner/f0024307

イングランドはこの試合でも、流れの中でのチャンスはワンツーで最終ラインを抜け出したダイアーがループで狙った惜しいシュートの一回だけ。守備の高さとセットプレーでの迫力は世界屈指のものがあるただけに、トップの強豪国に迫るには攻撃にもうひと工夫が必要という印象を残しました。しかし、非常に若いチームだったこともあり、次のカタール大会では更なるレベルアップを期待したいと思います!

一方のベルギーは大会前からの隠れ優勝候補という評価に違わぬ実力を見せつけ、周りの選手を活かしながら4得点と決定力も発揮したルカク、アザールのドリブル、デブライネのスルーパス、ムニエやシャドリのサイド攻撃、フェライニの高さに加え、ワンタッチで繋ぎながらの高速カウンターと、多くの攻撃バリエーションで勝ち進み、ワールドカップ史上で見ても非常に魅力あるチームでした。
この試合でも前半の1点目はセンターフォワードであるルカクのスルーパスから左サイドを抉ったシャドリのクロスに右サイドのムニエが合わせて先制!後半も得意のカウンターから多くのチャンスを作り出しアザールが追加点と、ほぼ完勝と言っていい試合内容でした。
主力の攻撃陣や守護神のクルトワは次のカタール大会でも28~31歳くらい。ヤヌザイやティーレマンスといった若手も台頭してきており、守りを統率してきたコンパニやベルトンゲンが抜ける守備陣を再整備できれば、まだもう一回優勝を狙えるチャンスはあるでしょう。次の大会でも優勝候補になりそうですね!

※FWのルカクがスルーパスを出し、両サイドアタッカーで得点する。ベルギーの攻撃バリエーションの豊富さ。

さぁ、いよいよ今夜の決勝戦はフランスVSクロアチア。デシャン監督のもと1998年の自国開催以来の優勝を狙う若きフランスに、驚異的な粘りと技巧でゴールマウスをこじ開けてきたクロアチアが初優勝を掛けて挑みます!




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

☆ ブログランキング参加中 ☆
皆さんの応援クリックが記事を更新するモチベーションです☆    (クリックは一日一回、可能です)
プロフィール

アキレスケンさん

Author:アキレスケンさん
好きな野球チーム:大洋ホエールズ(現・DeNAベイスターズ)♪
好きなサッカーチーム:ACミラン(選手はロナウジーニョ)♪
好きなお馬:トウカイテイオー♪
好きな自動車:JEEP♪
好きな食べ物:御寿司、納豆♪
好きな歌手:和楽器バンド♪
趣味:フットサル、サイクリング、ドライブ、映画鑑賞、作家活動。

このたび一念発起して絵本を出しました。「星のゆうびんやさん ハイタツマン」平和のヒーロー、ハイタツマンがいろんな願いを届けます。
応援よろしくお願いします☆

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ