2019-11-03(Sun)

2019年のメジャーリーグはナショナルズによるワールドシリーズ初制覇で幕。 日本人メジャーリーガーの全成績も回顧します。

2019年のメジャーリーグは、10/31に行われたワールドシリーズ最終戦でアストロズを破ったナショナルズの初優勝によって幕を閉じました。
(MVPにはシリーズ2勝を挙げたストラスバーグが選出)

ws1.jpg
※ナショナルズ初優勝の瞬間!!


なお、今年活躍した日本人メジャーリーガーの主な成績をまとめると以下のとおりになります。

<野手>
大谷翔平(エンゼルス):打率.286、本塁打18本、打点62、12盗塁
<投手>
田中将大(ヤンキース):11勝9敗0S、防御率4.45、149奪三振
ダルビッシュ有(カブス):6勝8敗0S、防御率3.98、229奪三振
菊池雄星(マリナーズ):6勝11敗0S、防御率5.46、116奪三振
前田健太(ドジャース):10勝8敗3S、防御率:4.04、169奪三振
平野佳寿(Dバックス):5勝5敗1S、防御率4.75、61奪三振

※レッズの田沢純一とパドレスの牧田和久はメジャー登板なし


イチローの引退により唯一の日本人野手となった大谷ですが、肘の手術明けで二刀流を封印し、打者専門として臨んだ今期は、内外のストライクゾーンの見極めの部分で壁に当たり、一時期74打席もホームランが出なくなるなど不調に陥りました。
最後はなんとか盛り返したところで、来期に向けて万全を期するための左膝手術を行うため、早めにシーズンを終了。

二刀流旋風で新人王にも輝いた昨年ほどのインパクトは残せませんでしたが、チームの主軸を打ちながらサイクルヒットを達成するなど、改めて野手としての潜在能力の高さは証明しました。
来期は打つ方では今年の経験を糧に、投げる方でも復活を期するシーズンとなりそうです。

一方、投手の方では田中が開幕戦を2安打完封という絶好のスタートを切ったものの、MLB初のヨーロッパ(ロンドン)での試合では一回もたずにノックアウトされるなど、浮き沈みの大きいシーズンとなってしまいました。
しかし最終的には11勝を挙げてメジャー移籍から6年連続の二桁勝利という偉業を達成。ポストシーズンまで投げ抜きました。

マエケンもチームのローテーション投手として一年間投げ抜き、堂々の二桁勝利。シーズン後半は昨年と同じく中継ぎに回るスクランブル登板という役目を果たしながら、防御率も三振数も田中を上回るという見事な活躍でした。

肘の故障明けで前半戦は防御率5点台の2勝に留まり不安定な投球が続いたダルビッシュでしたが、後半は完全復活。
打線の援護が少なく勝ち星こそ伸びませんでしたが、大型契約に懐疑的だった地元ファンも納得させる素晴らしい投球内容で、奪三振229個もさることながら、防御率が3点台まで上昇したのは特筆に値すると言えるでしょう。
万全であればメジャーでも屈指のエースであることは間違いないはず。来期こそは開幕から本領発揮してほしいところです。

今期メジャーデビューの菊池はなんとか一年間ローテを守ったものの、防御率が5点台半ばと苦戦。決め球に乏しいため三振が奪えず、あまり好調でない場合は4~5回で攻略されてしまうという課題も浮き彫りになったシーズンだったと思います。
しかしながら、8月にはブルージェイズ戦で完封勝利を記録しているように、現状でもストレートさえ走れば緩急が活きることが証明されていますし、なんとか課題を克服して来期以降の活躍に繋げてほしいと思います。

昨年メジャーデビューして日本人最多の75試合に登板し、決め球のフォークボールを武器に防御率2.44の32ホールドを記録してセットアッパーの座を不動のものにした平野ですが、今年は右肘の炎症による戦列離脱もあり、防御率4.75と数字を落としました。しかし、それでも62試合に投げて一定の数字を残したことも事実。
今年でダイヤモンドバックスとの2年契約が切れますが、36歳となる来期について球団が再契約するのか注目です。

今年も海の向こうで活躍し、日本を沸かせてくれた日本人メジャーリーガー。

そして、来期は我らがDeNAベイスターズから筒香嘉智がメジャー参戦を表明しています。🌟

225k1.jpg
※記者会見で10年間在籍したベイスターズへの想いとメジャー挑戦への抱負を語る筒香選手。


アウトコースが苦手だとか速球に弱いから無理だとか、挑戦する前からネガティヴなコメントも散見されますが、「年俸が下がったとしても問題じゃない」と公言して海へ渡って〝夢に挑戦する道〝を選んだ筒香選手。
過去に出場したWBCではストライクゾーンにも動くボールにも無難に対応できていたので、あながち合ってるのではないかという希望的推測もあります。
今期、シーズン中に宮崎の故障によりサードに復帰したことも大きいです。決して上手いとは言えないながらも、レフト・サード・ファーストの三つのポジションを無難に守れるというのは、チーム編成上においても大きなアドバンテージといえます。

本人も会見でメジャーで活躍するイチローと松井をテレビで見ていて憧れを強く持っていたと述べていますが、周囲の雑音は無視してメジャー挑戦の夢を叶え、いまだ松井秀喜しか達成したことのない30本塁打以上を期待したいところです。
今後の契約の動向に注目ですね✨

来期も頑張れ、侍メジャーリーガー!!


☟スポーツ、映画、アニメ、ドラマ、音楽を楽しむなら、断然お得なスカパーがおすすめ☆


☟こちらもクリックして応援してもらえると嬉しいです☆

メジャーリーグランキング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

☆ ブログランキング参加中 ☆
皆さんの応援クリックが記事を更新するモチベーションです☆    (クリックは一日一回、可能です)
プロフィール

アキレスケンさん

Author:アキレスケンさん
好きな野球チーム:大洋ホエールズ(現・DeNAベイスターズ)♪
好きなサッカーチーム:ACミラン(選手はロナウジーニョ)♪
好きなお馬:トウカイテイオー♪
好きな自動車:JEEP♪
好きな食べ物:御寿司、納豆♪
好きな歌手:和楽器バンド♪
趣味:フットサル、サイクリング、ドライブ、映画鑑賞、作家活動。

このたび一念発起して絵本を出しました。「星のゆうびんやさん ハイタツマン」平和のヒーロー、ハイタツマンがいろんな願いを届けます。
応援よろしくお願いします☆

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ