2019-11-14(Thu)

【食レポ】 横浜名物 『元町・中華街』 で食べ歩き…『 実践編 』

さて、前回 『準備編』 で中華街の食べ歩きをする前の準備と注意点を説明しましたが、今回は写真を交えながら 『実践編』 をお伝えしようと思います。

解説は横浜駅からJR京浜東北・根岸線に乗って関内駅で降り、横浜公園(スタジアム)を通って玄武門をとおり、善隣門からメインの中華街大通りに入るルートで説明します。
(地下鉄みなとみらい線の元町・中華街駅や山下公園から来られる方は逆方面から見る形になります)

中華街MAP
※中華街の全体図


では、早速Let's GO!~
まず、関内駅から善隣門に向かい中華街大通りに入る前に、その手前にある四五六菜館・別館のちまき耀盛號(ようせいごう)の肉まんとハリネズミまん中華街大飯店の北京ダックはお勧めなので、押さえておきたいお店です。

四五六菜館のちまき、耀盛號の肉まん、中華街大飯店の北京ダック


料理店としても有名な四五六菜館前の売店ではフカヒレスープやタピオカなど様々な商品を取り揃えていますが、中でもお勧めなのはアツアツのちまきです。ピーナッツや干し海老やゴロゴロしたチャーシューが沢山入って400円と安くて美味しいです。

裏道のひとつである上海路には平日でも午前中に完売してしまう隠れ家的な名店「ちまき屋」があるのですが、この店は土日は予約販売しか受け付けていないこともあり、平日の朝に来られる旅行者か地元民でないと購入すること自体が至難の業です。
常に行列が出来るほどの人気店ですが、形も大きく値段も600円と割高です。
よって、一般的な売店で美味しい手頃なサイズのちまきを安く買える場所はここということになります。
(他店では500円くらいが多い)
ただし、ちまきは購入後すぐは手で持てないくらいアツアツな状態でお箸で食べるため、食べ終えるまで時間が掛かり、ご飯モノなので一人で食べるとそれなりにお腹に来ます。よって、時間の無い人や小食の方はパスするという手もあります。

伝説のちまき屋の位置
※非常に分かりづらい位置にある隠れ家的名店「ちまき屋」。 大き目サイズで一個600円!!冷凍の持ち帰りも出来ます。


また、食べ歩き用のサイズで北京ダックを販売している出店は数店ありますが、一番安くて美味しいのが中華街大飯店で250円となっています。(他店は概ね350円くらい)
北京ダックは脂身が多くて風味が苦手という人もいますが、ここのは切り身が薄く味付けも甘くて外がカリッと香ばしく仕上がっているので、とても美味しいです。
タピオカだの杏仁アイスだの甘栗だの胡麻団子だのといったデザート類に全く興味がない筆者は、ここの北京ダックを帰宅時にデザート感覚で最後に食べています。

中華街に来たらとりあえず食べてみたいと多くの人が考えるのが肉まん(豚まん)だと思いますが、肉まんはハッキリ言って現在はコンビニのものと大差ない上に値段が高いので、わたしは中華街で肉まんは食べません!笑
(昨今のコンビニ肉まんは有名料理店が監修しているモノも有り、相当レベルが高いです)

一応、中華街のメジャーな肉まんを実際に食べてみての個人的な印象をざっとまとめると、以下のような感じになります。

江戸清:中華街で最も有名な500円の特大豚まん。海老やネギやタケノコも入っており、味とジューシーさもまずまず。
皇朝:とても小さい100円の肉まん。世界一の看板で有名だが、何が世界一なのかは不明。味も普通でジューシーさもない。
萬珍楼:こちらは反対にただデカいだけの肉まんで450円。味も具材も普通で特に特徴もなし。
耀盛號:江戸清や萬珍楼に匹敵するくらい大きいサイズで220円!きくらげやタケノコも入っていてジューシーで美味しい。

耀盛號の豚まんは江戸清の特大豚まんにせまるほどの大きさながら、値段は約半額(220円)というコスパ最強の豚まんです。
具材も大き目のきくらげやタケノコなどがふんだんに取り入れられており美味しいです。
中華街に来たら有名な江戸清の豚まんを食べる人が多いですが、個人的には中華街で肉まんを食べるなら耀盛號一択です。
このお店はインスタ栄えで有名な「ハリネズミまん(カスタード入りの揚げまん。味は普通…)」も売店で売っているので、一緒に買っても良いでしょう。

世界チャンピオン4人の写真を掲げ、゛世界一の肉まん゛の看板で有名な皇朝の肉まんはひとつ100円で買えますが、小さくてこれといった特徴もありません。
よって、皇朝では肉まんより゛角煮まん゛の方がお勧めです。角煮一個を肉まんの生地のようなもので挟んだだけの商品なので、それで350円という値段が高いか安いかは判断の分かれるところですが、本格的なトロトロの角煮が手頃に味わえます。

皇朝の肉まんと豚角煮まん、江戸清の豚まん


また、先述した江戸清の特大豚まんは、ことボリュームに関しては他の追随を許しません。中身もぎっしり詰まっていて小食の人だとこれだけでお腹一杯になってしまう人もいます。超有名なのでネタとしても一度は食べてみると良いでしょう。
参考までに、中華街大通りに入ってすぐ右手にあるフードコートSarioのワンタンメンと並べた写真を貼っておきます。👀
どれだけ大きいか分かりやすいかと思います。ちなみにワンタンの方はランチ価格で400円です。

江戸清さんは中華街大通りに2店舗、路地にも2店舗ありますが、一番有名な本店前のふたつ隣には いろんなテレビ番組で取り上げられた゛焼き小籠包゛で有名な鵬天閣のお店があります。
ここは常に混雑していて超並びますので、鵬天閣が目的なら横浜博物館の横にある別店舗で購入したほうが良いでしょう。
ここの焼き小籠包の特徴は、豚肉と海鮮の2種類をセット(四つで620円)で食べられることです。底面の生地が若干厚めなのが残念ですが、味は最高です。店内には立食できるカウンターもあります。
小籠包を食べる際の注意点としては、アツアツな肉汁が凄い量でかじると普通に火傷するため、まずはお箸で上の皮を破って肉汁をちょっと吸って覚ましながら食べるのがコツです。間違ってもいきなり丸かじりしないように!笑

鵬天閣の小籠包、四五六点心房の小籠包


逆に底面の生地まで薄くて美味しいのは、元町・中華街駅方面の南門シルクロード沿いにある三年連続金賞受賞と看板に書かれている四五六点心房の焼き小籠包(四つで580円)。
このお店は海鮮版はありませんが、肉汁も味も申し分なく、生地の厚みを含めた好みで言うなら個人的にはこちらです。
なお、ここではフカヒレまん(期間限定で格安380円)も売っているので、時間的にあまりあちこち周れない人は、ここで両方購入してもいいでしょう。

「フカヒレまんは一番有名なところのを食べたい!」という方は、”元祖フカヒレまん”の看板で有名な公生和がフカヒレもたっぷり入っていて400円とお勧めです。場所は横浜博物館の向い側にあります。

公生和のふかひれまん、開花楼のくし、老維新のパンダまん


横浜博物館の入口には串シウマイで有名な開華楼があり、500円で四つのシウマイの食べ比べができます。
串の先から100年の歴史があるオーソドックス、トマト味、海老入り、黒豚です。サイズも大き目でどれも美味しい!
ちなみに、ここの店先には立食用の小テーブルが用意されています。
横浜博物館の両脇には先述した公生和や鵬天閣の別店舗のほか、パンダまんで有名な老維新もあるので、まとめて購入してインスタ用の写真を撮ることも可能です。(他のお客様の迷惑になるので、長居するのは止めましょう。)🐼

裏大通りの「開帝廟通り」には、フカヒレスープの桃香園と、揚げUFOで有名な謝朋酒楼(しゃほうしゅろう)があります。
フカヒレスープはおこげが入っているところが多いのですが、わたしはおこげでお腹を一杯にしたくないので、いつも桃香園さんで注文してます。
フカヒレスープは会食で注文すると小サイズでも1000円くらいはするので、300円で食べられるのは非常にリーズナブル🎵

桃香園のフカヒレスープ、揚げUFO


謝朋酒楼の「揚げUFO」は具材がたっぷり入ったデカい揚げ餃子で300円!安くて美味しいですが、けっこう胃にズシッと来ます。笑
なお、このお店の向い側には「山下公園」という小さい公園があります。(みなとみらいで有名な山下公園とは違います!)
長椅子もけっこう有るので、休憩やSNS用に購入した商品を写真撮影する場にも適しています。覚えておくと良いでしょう。

店先の立食テーブルでの撮影は混雑時には迷惑になることがあります。人混みから離れて写真を撮りたい場合は、この山下町公園横浜公園まで戻って庭園のベンチでゆっくり撮るという方法もあります。
もしくは崎陽軒のシウマイBARなどの中にあるイートインや、横浜博物館3Fにあるガーデンテラスに入っても良いでしょう。
ちゃんとそのお店の商品さえ購入すれば、まとめて写真を撮るくらいであれば怒られることは無いと思いますが、そこは自己責任にてお願いします。
余談ですが、ガーデンテラスのタピオカミルクティープリン(580円)は美味しかった!わたしはタピオカには興味が無いのですが、プリンは大好きなので注文してみました。🍮
元町・中華街方面にあるアミューズメントパーク「横浜大世界」などにもカフェは有ります。ゆっくり時間を掛けて周りたい人は、カフェのある場所もあらかじめ押さえておきましょう。


さて、中華街の食べ歩き有名商品をひととおり紹介してきましたが、ここで食べる順番を検討しながら値段のシミュレーションもしてみましょう。以下は一例です。

1:善隣門にて、まずは四五六菜館のちまき(400円)
2:中華街大通りに入って、鵬天閣の焼き小籠包(620円)
3:開華楼の串シウマイ(500円)
4:江戸清の特大豚まん(500円)
5:桃香園のフカヒレスープ(300円)
6:帰りに善隣門に戻ってデザート代わりに北京ダック(250円)

これだけガッツリ食べると合計2570円ですが、焼き小籠包と江戸清の特大肉まんを二人でシェアすれば、一人当たりの単価は2010円です。
更に、焼き小籠包を四五六点心房のものにして、豚まんも耀盛號に変更すれば一人当たり1950円になります。
あとは予算とお好みに合わせて計画を立てて下さいね。

ちなみに、もしどうしても時間が無くて1~2店舗しか回れないという人向けに、耳よりの情報をお届けしておきます。
最初に記載した中華街大飯店では、肉まんと北京ダックとフカヒレスープの3点セットを700円という割安のセット価格で提供しています。
このセットを買って、近くにある四五六菜館のちまきを購入しても1100円で完結します。
他の有名店は回れませんが、「時間は無いけど短時間で中華街の雰囲気だけでも楽しみたい」という方にはお勧めです。

横浜公園その他


いかがでしたか?今回はテレビ番組などで取り上げられている食べ歩きでの有名店を中心にレポートしてみました。
中華街を食べ歩く場合には、食べるモノと周るお店の順番を事前に確認しておくことが重要です。
そうしないとグルグル周って無駄に時間を浪費し、疲れてしまいます。
いろいろ歩き回って穴場のお店や好みの逸品を見つけ出すのも、それはそれでまた楽しいんですけどね~(≧▽≦)
そこは次の機会にまたレポートしてみたいと思います。

いつも混んではいるものの、なんだかんだで中華料理好きには楽しい横浜元町・中華街。
もし、行かれる予定の方は参考にしてみて下さいね~バイバイ


☟ 充実の旅行プランを楽天トラベルで探したい方はこちら!



☟ スノボ/スキーのほか登山や日帰りバスツアーも充実、格安プランをお探しの方はこちら!



☟ 中華街料理の購入を御検討中なら、Amazon内で最安値の商品を探せます!



☟ 中華街料理も楽天でお買い物される方はこちら!



☟ こちらもクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

日々の出来事ランキング


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

☆ ブログランキング参加中 ☆
皆さんの応援クリックが記事を更新するモチベーションです☆    (クリックは一日一回、可能です)
プロフィール

アキレスケンさん

Author:アキレスケンさん
好きな野球チーム:大洋ホエールズ(現・DeNAベイスターズ)♪
好きなサッカーチーム:ACミラン(選手はロナウジーニョ)♪
好きなお馬:トウカイテイオー♪
好きな自動車:JEEP♪
好きな食べ物:御寿司、納豆♪
好きな歌手:和楽器バンド♪
趣味:フットサル、サイクリング、ドライブ、映画鑑賞、作家活動。

このたび一念発起して絵本を出しました。「星のゆうびんやさん ハイタツマン」平和のヒーロー、ハイタツマンがいろんな願いを届けます。
応援よろしくお願いします☆

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ